チキンとトマトのカフェ風丼


2011年7月27日(水)
日テレ

ZIP!

速水もこみちのMOCO’Sキッチン

「高校生にサッパリと食べやすいお肉を使った丼ぶりものを教えて!」

という食堂で働き、売上アップをはかるリクエストに、速水もこみちさんが「やだね~」

と言いながらも、がっつりティーンの心をわしづかみ!と【チキンとトマトのカフェ風丼】を作って紹介していました。

放送では、タイ米を炊き上げていましたが、我が家は普通に日本米で♪

鶏肉とトマトの酸味、ナッツの食感もあるおもしろい丼ぶりレシピでした。

速水もこみちさんの【チキンとトマトのカフェ風丼】のレシピ・作り方は、続きに書きました。
 ↓  ↓


もこみち流【チキンとトマトのカフェ風丼】レシピ

<材料>   材料

鶏もも肉・・・1枚
 塩・こしょう・・・各少々

なす・・・1本
トマト・・・1個
紫玉ねぎ・・・1/2個(私は普通のタマネギ)

オリーブオイル・・・大さじ1/2
ニンニク・・・1片

トマト水煮缶・・・200g
コンソメ顆粒・・・小さじ2
塩・胡椒・・・各少々
白ワイン・・・大さじ1

(ハーブ類)
 オレガノ・・・適量
 タイム・・・適量(省略)
 バジル・・・適量(省略)

バター・・・大さじ1
カシューナッツ・・・大さじ2(私はミックスナッツを使用)
タイ米・・・2人分

(トッピング)
 イタリアンパセリ・・・適量
 パルミジャーノ・・・適量(放送:未使用でした)

<作り方>

1.鶏もも肉は、厚みを均一にして、塩・こしょうし、強火のフライパンで、こんがり皮目から焼いて両面を焼きます。
弱火にして火を通し、焼き上がったら食べやすい大きさに切ります。

※まな板に塩・こしょうをふってから、その上に鶏肉をおき処理すると両面に手早く塩・コショウを馴染ませることができる

2.紫玉ねぎはみじん切り、なすは1cm厚さのくし型に切り(放送:拍子切り)、トマトはヘタを取りざく切りに、イタリアンパセリはみじん切りにします。

3.フライパンにオリーブオイル、スライスしたニンニクを入れ、弱火で香りが出た中火にし、紫玉ねぎを炒めて、なす、オレガノ、タイムなどのハーブを加えてさらに炒めます。

(私はオレガノ、パセリを)

4.3のフライパンにトマト、トマト水煮を手で潰しながら加え入れて、コンソメ顆粒、塩・こしょう、白ワインを入れます。

※隠し味として白ワインを加える


5.1の鶏肉、バジル、バターを加え少し煮詰めます。

6.仕上げにカシューナッツをビニール袋に入れ細かく砕いて5に加えます。

7.丼にタイ米を盛り、6をよそい、イタリアンパセリ、パルミジャーノを削ってトッピングして【チキンとトマトのカフェ風丼】の出来上がり

※ナッツを加えて食感のアクセントに

サブコンテンツ

このページの先頭へ

↓