豚バラとナスのみぞれ煮

レシピ なすのみぞれ煮2013年11月6日(水)
日テレ

情報ライブミヤネ屋
愛のスパルタ料理塾
 ~なすのみぞれ煮~

今日のミヤネ屋「愛のスパルタ料理塾」のコーナーでは、【豚バラとナスのみぞれ煮】の作り方を紹介していました。

「豚バラが大好きなご主人のために、夜遅くに帰ってきてもあっさり食べられる【豚バラとナスのみぞれ煮】を作りたい!」という優しい奥さま。

お馴染み林先生が、【豚バラとナスのみぞれ煮】の美味しい作り方をポイントたっぷりで紹介していました。その1つに、豚バラ肉は炒めずにサッと茹でることがポイントです!

実際に作ってみました!!

味付けがいい塩梅で、やさしい味付けのみぞれ煮です(*^。^*) なすを素揚げしているので、なす紺が残ってるところも、見た目がキレイでいいです(^_-)-☆

合わせて作り方を紹介していた【豚バラとナスの割りポン】も、明日作ろうと思います!同じナス&豚バラ肉を豆腐にのせて、ポン酢でいただく!というレシピです。よりあっさりとして食べやすく、林先生が大好きだという一品。お酒のあてに良さそうです(笑)♪

広告


【豚バラとナスのみぞれ煮】レシピ

<材料> 4人分

豚バラ肉(しゃぶしゃぶ用)200g
ナス2本
大根200g
青ネギ(小口切り)2本
サラダ油適量

(煮汁)
カツオだし300g
みりん大さじ3
大さじ3
淡口(うすくち)しょう油大さじ1
濃口しょう油大さじ1と1/2

<作り方> 調理時間25分ほどPT25M / 写真:1/2量ほど

レシピ なすのみぞれ煮1.沸騰したお湯に氷を2~3個入れて温度を70~80度に落とし、豚バラ肉(200g)を薄いピンク色になる程度にサッと湯通しします。

広告

※高温のお湯で下ゆですると、火が通りすぎて硬くなるため、氷を入れる 

レシピ なすのみぞれ煮湯通ししたら氷水に落としザルに取り、乾かないようクッキングペーパーをかぶせます。 

※下ゆでして氷水でしめることで、脂が程よく落ちやわらかい食感になる

レシピ なすのみぞれ煮2.ナス(2本)のガクを切り落とし縦半分に切り、皮目に切り込みを入れます。それを4等分に切り、水にさらしアクを抜きし水気を拭き取ります。 

※皮に格子状の切り込みを入れると食感が良くなる

レシピ なすのみぞれ煮3.180度の揚げ油(適量)で、皮から素揚げします(箸でつかみ、あとが残る程度を目安に)。 

※皮目から揚げることで、色鮮やかに仕上がる

レシピ なすのみぞれ煮4.大根(200g)をすりおろして、巻きすに置き、軽く水分を切ります。 

※力任せに絞ると甘みがなくなるので、巻きすに置いて水分を切る

(私は、ザルに置き水分を切りました)

レシピ なすのみぞれ煮5.鍋に煮汁のカツオだし(300g)、みりん(大3)、酒(大3)、淡口しょう油(大1)、濃口しょう油(大1と1/2)を全て入れて沸かし、重ならないように豚バラ肉とナスを入れて、味を含ませます。 

※淡口と濃口しょう油を合わせて使うことで、味や色合いのバランスが良くなる

※沸かしてから具材を入れることで、味がなじんでいく

6.4の大根おろをを全体にに散らしながら加え、ひと煮立ちしたら火を止めます。器に盛り、小口切りした青ネギ(2本)を添えて、【豚バラとナスのみぞれ煮】の出来上がり

●ミヤネ屋の放送を参考にして、自分なりに作ってみました。


広告


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

↓