牛肉のしぐれ重




2012年11月21日(水)
日テレ

情報ライブミヤネ屋

愛のスパルタ料理塾
 ~牛肉のしぐれ煮~

ミヤネ屋「愛のスパルタ料理塾」のコーナーでは、 「家族全員が大好きな牛肉を使った絶品料理を教えてほしい!」 という希望から、お馴染み林先生が 『牛肉のしぐれ煮』 の作り方を紹介してくれました。

食欲の秋にぴったりなカッツリ飯!ご主人さまも 「今までの牛肉料理で、一番おいしい♪」 とコメントしていました。 良かったですよねぇ)^o^(

放送ではお重に詰めて、お店のようでした。 ん~いいですねぇ、とっても美味しそうでした(*^。^*) 我が家では、丼ぶりに盛って、 出し巻き玉子、切り干し大根と合わせて定食風にしてみました。

味がしっかりしてます!実は、「キャベツを盛る必要がないのでは・・・」 と食べるまでは思ってましたが、ご飯との間のキャベツは、あってちょうどよかったです。

ちなみに牛肉は、分量通りでは、わりと少なめです。多めに作って、作り置きしても 『牛肉のしぐれ煮』 重宝しそうですね~♪♪♪ 

【牛肉のしぐれ重】レシピ

<材料> 4人分

牛肩薄切り肉…180g   (私は、肩切り落とし肉)
牛脂…1個 
ショウガ…20g
キヌサヤ…4~8枚 
サラダ油…適量 
キャベツ(千切り)…適量
ごはん…適量

(煮汁)
酒…大さじ3 
みりん…大さじ2 
砂糖…大さじ3
濃口しょう油…大さじ2

【牛肉のしぐれ重】の作り方は、続きに書きました。
  ↓   ↓

広告


<作り方> 写真:半量の2人分

*下準備*
1.ショウガを細切りにします。
牛肉は、脂身を取れるだけ切り取り、赤身と脂身に分けて、赤身を食べやすい大きさに切ります(4等分ほど)。 


※肩肉は、うま味が多く、煮崩れしにくい

広告

2.1の牛肉(赤身)を沸騰した湯にサッとくぐらせ、ピンク色の部分が残っている状態でOK! 氷水に取り出しザルに上げて水分を切っておきます。 


※牛肉は湯通しすることで、肉の臭みを取ることができる。


*仕上げ*

3.鍋に、サラダ油を底にまわるくらい入れ、牛脂、1で取り分けた脂身を炒めます。 
 

※牛脂や脂身から、牛肉の香りやうま味が出てくる。

4.2の牛肉(赤身)を加えて中火で炒め、全体に火が通ったらバットに取り出します。 

5.4の鍋に酒(大さじ3)、みりん(大さじ2)を加えて沸かします。

沸いてきたら砂糖(大さじ3)を加え、溶けたら、濃口しょう油(大さじ2)を加えて沸かします。

6.4の牛肉、1のショウガを入れて、焦げ付かないように注意しながら、中火弱で約5分煮ます。 

7.具材を鍋の手前に寄せておき、鍋を奥に傾けて、煮汁だけを強火で煮詰めます。 
 

※具材も一緒に煮詰めてしまうと、牛肉が硬くなりすぎるので、鍋を傾けて煮汁だけ煮詰める。

8.煮詰めながら、時々かきまぜ、具材と煮汁を絡めます。煮汁にとろみがついたら、火を止めます。

※煮詰めて絡めることで、牛肉にしっかり味が付きやわらかくなる

9.お重(器)に入れたご飯の上に、キャベツ(千切り)を敷き、そこへ7の牛肉のしぐれ煮をのせます。

下ゆでしたキヌサヤを散らして【牛肉のしぐれ重】の出来上がり 

※長く保存する場合は、 『たまりじょう油(小さじ1)』 を加えて味を濃くすることで、おいしさが長続きする


広告


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

↓