海老マヨネーズ




2012年7月25日(水)
日テレ

情報ライブミヤネ屋

愛のスパルタ料理塾
 ~海老マヨネーズ~

「以前のえびマヨは、水っぽかった」とコメントしていたご主人さまも、大満足!ミヤネヤお馴染み林先生の丁寧な作り方で、【えびマヨ】を上手に作って、美味しそうでした~。

材料もウチあったので、我が家でも早速、【海老マヨネーズ】を作ってみました。 っが!!! 肝心のマヨネーズが、残り少なかったぁ(+_+) 上写真を見ても、ちょっとマヨソースが不足な感じに(^_^;)

でも、衣をしっかりつける作り方なので、ソースが少ないながらも、なんとか大丈夫でした。我が家の主人からも 『うまい!』 の声がでて、よかった!!! 揚げてる時間が短いですが、今日も暑い中、作った甲斐がありましたぁ(汗)

【海老マヨネーズ】レシピ

<材料> 4人分

エビ…大12尾
アスパラガス…3本
サラダ油…適量

(エビの下ごしらえ用)
塩…適量
片栗粉…適量

(エビの下味)
塩・コショウ…各少々 
酒…大さじ1

(衣)
薄力粉…50g
片栗粉…15g
ベーキングパウダー…小さじ1/2
サラダ油…大さじ1と1/2
水…大さじ3~4

(ソース)
マヨネーズ…大さじ4 
練乳…大さじ2
塩…小さじ1/2
コショウ…少々
砂糖…大さじ1 
レモン汁…大さじ1~2
焼酎(又はブランデーなど)…小さじ1~2

(トッピング)
ピーナッツ…適量 (私は省略)

【海老マヨネーズ】の作り方は、続きに書きました。
  ↓   ↓


<作り方> 写真:半量2人分

*材料の下準備*
1.エビの尻尾の先を斜めに切り、包丁で汚れをかき出し、尻尾を残して殻をむき(右写真:左側)、包丁で背中を開いて背ワタを取り除きます。

●殻は、すべて取り除いても可

(右写真:右側のように、私は殻をすべて取り除きました) 

※背中を開くことで、厚さが均等になり、味が染み込みやすくなる

2.塩、片栗粉、水(各適量)を加え、もみ洗いしたら、流水で洗い流し、水分を拭き取ります。

塩、コショウ(各少々)、酒(大さじ1)をもみ込み、約10分置き味をなじませます。

3.アスパラは、根元の方を両手で持って折り曲げ、硬い部分を折って、取り除きさらに、下の方は皮が硬いので、ピーラーでむいておきます。 ガクを取り、3cmの長さに切ります。

※折り曲げることで、硬い部分だけを簡単に取り除くことができる

*ソースを作る*
4.ソースのマヨネーズ、練乳、砂糖、塩、コショウをよく混ぜ合わせます。
レモン汁(大さじ1~2)を好みで調整して加え、焼酎(又はブランデー)を、小さじ1~2杯加えます。

※焼酎やブランデーを加えると、風味が良くなる

(私は、レモンに代わってお酢を代用。風味づけには、ラムダークを2,3滴入れてみました)

*衣を作り揚げる*
5.衣の小麦粉(50g)、片栗粉(15g)、ベーキングパウダー(小さじ1/2)をよく混ぜます。

サラダ油(大さじ1・1/2)を加え、水を、まずは大さじ3加え、よく混ぜます。硬すぎる場合は、さらに水を大さじ1追加し調節します。 

※ベーキングパウダーを加えることで、衣が膨らみ、ソースとも絡みやすくなる!
※衣が指にまとわりつき、爪が隠れたままの硬さになるよう調整する(右写真)

6.アスパラは、170度の油に入れて素揚げしたら、すぐに取り出し余熱で火を通します。
(私は、茹でました)

7.2のエビに5の衣をくぐらせてつけ、170度の油で裏返しながら揚げていき、色が変わればすぐに引き上げます。

(衣を鍋に落とし、底に沈んですぐに上がってくれば適温)

※エビは、火を通しすぎると硬くなるので、色が変わればすぐに取り出す

8.6のアスパラ、7のエビを4のソースとよく絡め、お皿に盛ります。

刻んだピーナッツ(適量)を散らして【海老マヨネーズ】の出来上がり 

(私は、ピーナッツを省略)

サブコンテンツ

このページの先頭へ

↓