林流!豚のから揚げ

buta-karage.jpg2011年5月17日(火)
日テレ
ミヤネヤ

愛のスパルタ料理塾
 ~豚のから揚げ~

ジューシーでやわらかい【豚のから揚げ】を作って、ご主人に「美味しい」と言ってもらいたい!

との奥様からのご相談に、林先生がおいしく豚肉を揚げるコツを伝授、紹介していました。

放送を見たら「おいしそ~(*^。^*)」 食べたくなって、昨夜は急きょ、夕飯のメニューを変更して、ウチにある肉で作っちゃいました!

叩いて、そぎ切り、そして小さめ!に切ったおかげで、揚げる時間が短い!のに火が通ってて、味もしっかり入ってます!

「豚肉と気がつかない?!」ほど、とっても豚肉がやわらかく仕上がって、おいし~~~いっ!!ウチの主人にも好評でした\(*^0^*)/

林流!【豚のから揚げ】のレシピ・作り方を続きに書きました。
 ↓  ↓

広告


林流!【豚のから揚げ】レシピ
 
<材料> 4人分 

豚肉(肩ロース)・・・3枚

(豚肉の下味)

 塩・コショウ・・各少々  
 酒・・・小さじ2  
 ショウガ(絞り汁)・・・少々
 ニンニク(おろす)・・・少々
 濃口しょう油・・・大さじ1/2

(衣)
 溶き卵・・・1/2個
 小麦粉・・・大さじ3  

揚げ油・・・適量

<作り方>  写真:半量

*豚肉の下処理*
1.豚肉の筋を包丁の先端部分で切ったら、さらに空瓶などの側面で叩いて繊維をほぐします。

広告

2.1を薄くそぎ切りし、食べやすい大きさに切ります。

※薄くそぎ切りすることで、火の通りもよくなり食べやすくなる
buta-karage1.jpg

*豚肉に下味をつける*

3.2の豚肉をボウルに入れて、下味の塩・コショウ、酒、ショウガ、ニンニク、濃口醤油を入れて、汁気が無くなるまでよく手で揉み込み5分ほど置きます(写真右)。


※調味料(しょうが・ニンニク)は、チューブタイプより、生を使った方が味や香りが残る

*衣をつけて揚げる*
4.卵をよく溶きほぐし、小麦粉(大さじ1)を入れて、ダマができないようにしっかりと混ぜ合わせて、3の豚肉を加え絡ませます。

※この衣でべろ~んと衣がはがれません

buta-karage2.jpg
5.4に小麦粉(大さじ2)を上から撒くように加えます(写真右)。


※表面に小麦粉を残すことが、カラッと揚がる衣作りの秘訣

6.5を手で団子にして(握って)160~165℃(割り箸の先から小さい気泡)の低い揚げ油で一気に入れて、30~40秒でいったん網に取り出し5分ほど置いておきます(写真右)。buta-karage3.jpg

●この段階では、表面が白っぽく、半生の状態ですが、余熱を利用して肉を柔らかく仕上げます

7.揚げ油を175~180℃(割り箸全体から気泡)の高温にして、再度、20秒ほど揚げて薄いきつね色になったら取り出します。

しっかりと油を切って器に盛り付けて【豚のから揚げ】の出来上がり


広告


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

↓