揚げだし豆腐




2012年10月3日(水)
日テレ

情報ライブミヤネ屋

愛のスパルタ料理塾
 ~揚げだし豆腐~

ミヤネ屋「愛のスパルタ料理塾」のコーナーで、おかずにもお酒のあてにもなる、【揚げだし豆腐】をアサリであっさり!ひと工夫ありの作り方を紹介していました。

「味が薄かったり、衣が想像と違ったり、点数なら50点」とコメントしていたご主人さまも、今回は、「やわらかい!想像を上回って、おいしい♪」と大満足のご様子で、美味しそうでした。

すっかり秋の気配が強まってきて、揚げ物を作ることにも抵抗がなくなってきましたからねぇ~。ダシはかつお節だけ、付け合わせのシシトウは省略。と少し手抜きをしましたが、私も作ってみました。

我が家では、「おいしい」の言葉より先に、 「アサリ?どこ?」 とツッコミが入りましたが(;一_一)、何年ぶりかの手作り【揚げだし豆腐】は、絹ごし豆腐がやわらかく仕上がって、まぁまぁ美味しかったです。

小さなアサリで、味にもそれほどダシが出てませんでしたが(^_^;)、やさしい味で、よかったです!簡単にアサリの代わりになめこやアサリ抜きで、これからはウチでも【揚げだし豆腐】をたまに作ろうかなぁ~と思いました♪

【揚げだし豆腐】レシピ

<材料> 4人分

絹ごし豆腐…1丁 
シシトウ…4本(私は、省略) 
小麦粉…適量 
揚げ油…適量

(トッピング)
大根…適量 
青ネギ…1本
刻み海苔…少々 

(あん)
アサリ…250g 
水…200cc 
昆布…2g
ダシ汁…150cc 
みりん…大さじ1 
淡口しょう油…大さじ1(私は、濃口しょう油で)
水溶き片栗粉…大さじ1 
ショウガ汁…5g

【揚げだし豆腐】の作り方は、続きに書きました。
  ↓   ↓


<作り方> 写真:半量2人分

*ダシ作り*
1.鍋に水(1L)と、キッチンペーパーなどで軽く表面についた汚れを拭き取った昆布(20g)を入れ、鍋のふちに小さな泡が出る状態を目安に、沸かさないよう注意しながら加熱します。(アクは丁寧に取り除く)

※沸騰させてしまうと、うま味より先にエグみやアクなどが出るので、沸かさないよう注意!


〈簡単に昆布だしを取る方法〉

ポットなどに、水(1L)と昆布(20g)を入れ、冷蔵庫で一晩寝かせるだけで、簡単においしい昆布だしが取れます。

2.1にカツオ節(40g)を加え、上から軽く押すようにしてなじませ、ダシが濁らないように弱火で炊いて5分ほど煮詰めたら、ザルで漉しておきます。 

(私は、昆布を省略。かつお節のみで。写真右)

*あん作り*
3.前日の夜からアサリは海水と同じ濃度の塩水の中に入れ、アルミホイルでフタをし、呼吸ができるように所どころ穴を開け、砂出しをします。

4.鍋に水(200cc)、昆布(2g)、表面をこすり合わせて水洗いしたアサリを入れ、強火で加熱し、口が開いたら引き上げます。

5.アサリの身を外し、乾燥しないように4の煮汁の上澄みを少し加えて漬けておきます。 

6.残った4のアサリの煮汁と、2のカツオだし(150cc)を合わせて鍋に入れ(約300�t)、沸かし淡口(うすくち)しょう油、みりん(各大さじ1)を加えます。

(私は、濃口しょう油を使用しました)

*豆腐を揚げる*
7.絹ごし豆腐は、ふきんで包んで軽く水気を切っておきます。
食べやすい大きさに切り、表面に小麦粉をつけ表面の余分な粉をはたき、180度の油でキツネ色に揚げます。 


※揚げだし豆腐には、ツルッとした食感の絹ごし豆腐が向いています。

シシトウは、縦に切り込みを入れて種を取り、170度の油で素揚げします。
(私は、シシトウを省略しました)

*あんの仕上げと盛り付け*
8.6に5のアサリを入れ、同割で溶いた水溶き片栗粉をかき混ぜながら少しずつ加え、トロミをつけショウガの絞り汁を加えます。 

9.8に、器に7の豆腐、シシトウを盛り、8のあんを周りにかけます。
刻み海苔、刻んだ青ネギ、大根おろしをのせて【揚げだし豆腐】の出来上がり

●私は、豆腐を揚げて時間が経ちました(撮影まで10分くらい)。揚げたてなら、衣が「ふよふよ」せず、「パリッ」と?!張りのある感じに仕上がったと思います。

●ミヤネ屋「愛のスパルタ料理塾」の放送を見て、作り方をあげました。

サブコンテンツ

このページの先頭へ

↓