メンチカツ




2012年5月21日(火)
日テレ

情報ライブミヤネ屋

愛のスパルタ料理塾
 ~メンチカツ~

「ソースなしで食べられる、味がしっかりついたメンチカツを作りたい」という奥様からのご相談に、ミヤネヤお馴染み林先生が、丁寧に作り方を紹介してました。

下味にケチャップとカレー粉を加えるところがポイント!なんですが、私は少しカレー粉が足りなかったようです。ソースを少しかけて食べましたぁ(^_^;)

肉が少なくても大丈夫!タマネギとキャベツも入った【メンチカツ】で、揚げ物でも少しヘルシーな感じがしました。気持ち的なもんでしょうが(^^ゞ


愛のスパルタ料理塾の林先生のレシピ本
『林裕人のごちそう弁当塾』

【メンチカツ】レシピ

<材料> 4人分(8個)

(生地)
牛ミンチ…120g 
豚ミンチ…60g 
玉ネギ…1個
キャベツ…150g
 塩…適量

塩…小さじ1/4 
黒コショウ…少々 
ナツメグ…少々
カレー粉…小さじ1/2 
ケチャップ…小さじ1/2
卵…1/2個 
氷水…25~30cc

(衣)
小麦粉(強力粉)…適量 (薄力粉でも可。かと思います)
溶き卵…1個
パン粉(ドライ・細め)…適量

サラダ油…小さじ1 

【メンチカツ】の作り方は、続きに書きました。
  ↓   ↓

広告


<作り方> 写真:2人分

*材料の下準備*
1.ミンチ肉とボウルを冷蔵庫で冷やしておきます(脂が溶けだすとつなぎにくいので)。

広告

玉ネギ(1個)を細かくみじん切りにし、布巾(ふきん)などで包み、水でもみ洗いし、水分をよくしぼっておきます。 

※もみ洗いすることで辛みがよく取れる。

2.キャベツ(150g)を、粗みじん切りにして水で洗い、塩(適量)を加えてもみ、20分程おいた後、水分をよく絞ります。 

※塩でもむことで、キャベツの水分を抜くことができる。また、水分をよく絞ることで、ミンチと合わせた時に食感が良くなる。

*生地を練る*
3.冷やしておいたミンチ肉に塩(小さじ1/4)を加え、手で振っても落ちないぐらいになるまで、よく練ります。

黒コショウ、ナツメグ(各少々)を加えて練り、氷水(25~30cc)を数回に分けて、少しずつ加えて、さらに練ります。
※先に塩だけを入れて練ることで、肉のつながりが良くなる。そして、氷水を加えることで、やわらかく仕上がり、つながりが良くなる。

4.さらにカレー粉(小さじ1/2)、ケチャップ(小さじ1/2)を隠し味として加えて練ります。 

※下味をしっかりつけることで、ソースなしでもおいしいメンチカツになる。

5.溶き卵(1/2個)を少しずつ入れ、そのつど混ぜ合わせます。

下処理した1の玉ネギ、2のキャベツを加えて混ぜ合わせたら、味をなじませるため、冷蔵庫でしばらく生地を休ませます。 
 

*揚げて仕上げる*
6.5の生地を8等分し、丸い団子状にしてから、火が通りやすいように薄く平らに成形します。

7.小麦粉をまんべんなくつけ、余分な粉をはたきます。

サラダ油(小さじ1)を加えた溶き卵(1個)にくぐらせ、パン粉ごしに触るようにして、全体にパン粉をつけたら、衣がなじむよう、冷蔵庫で20~30分休ませます。 

※溶き卵にサラダ油を加えることで、衣がつきやすくなる

8.7を揚げ油180度で、キツネ色になるまで揚げて【メンチカツ】の出来上がり


広告


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

↓