チキン南蛮




2012年5月1日(火)
日テレ

情報ライブミヤネ屋

愛のスパルタ料理塾
 ~チキン南蛮~

「衣がしっかりとした美味しいチキン南蛮を一から教えてほしい」という奥様からのご相談に、ミヤネヤお馴染み林先生が、丁寧に作り方を紹介してました。

東国原さんが知事の時は、【チキン南蛮】を作って、食べることが多かったのですが、久しぶりに作って食べました。

ピクルスがなくて、らっきょう漬けを代用しました。甘みとレモンの酸味で、爽やかな感じのタルタルソースで美味しい(*^。^*) 


愛のスパルタ料理塾の林先生のレシピ本⇒『林裕人のごちそう弁当塾』

【チキン南蛮】レシピ

<材料> 4人分

鶏モモ肉…1枚 
塩・コショウ(白)…各少々
酒…大さじ1 
薄力粉…適量 
溶き卵…1個

(南蛮ダレ)
米酢…100cc 
みりん…100cc 
濃口しょう油…50cc
砂糖…大さじ4~6 
レモン果汁…大さじ2 
赤唐辛子…1本

(タルタルソース)
ゆで卵…1/2個 
ピクルス…20g(らっきょう漬けを代用) 
玉ネギ…1/4個
パセリ…大さじ1 
マヨネーズ…50g
塩・コショウ(白)…各少々
レモン果汁…大さじ1/2

【チキン南蛮】の作り方は、続きに書きました。
  ↓   ↓

広告


<作り方> 写真:鶏モモ肉260g7個ほど

広告

*鶏肉の下処理*
1.鶏肉は、臭みの原因となる脂と筋を丁寧に取り除き、全体に塩(適量)を振り、約20分置きます。

※鶏肉の臭みが水分と一緒に出る。

2.鶏肉の表面に出てきた水分をしっかり拭き取り、酒(大1)をなじませて、塩・白コショウ(各少々)を振り、味がなじむよう、5分ほど置いておきます。 

*南蛮ダレ作り*
3.鍋に南蛮ダレの材料を入れ、火にかけ沸かさないように温めます。(私は、1/3量くらいの少量で作って、間に合いました) 

※沸かしすぎると酸味が飛ぶので、砂糖が溶けきるまで。

*タルタルソース作り*
4.みじん切りにした玉ネギを、布巾(ふきん)で包み、水でもみ洗いししっかりと水分を絞ります。

パセリ(みじん切り)も同様に、布巾に包み水でもみ洗いし、水分を絞ります。 

5.ボウルにマヨネーズ、4のタマネギ、パセリ、みじん切りにしたゆで卵、ピクルスを混ぜ合わせます。

塩・コショウ、レモン果汁を加えて味を調えます。 

*揚げて仕上げる*
6.2の鶏肉を食べやすい大きさに切り、全体に薄力粉(適量)をつけ、よくはたきます。

溶き卵(1個)にくぐらせて、180℃の油でキツネ色になるまで揚げます。 
 

揚がったら、油を切ってすぐに3の南蛮ダレに約2~3分つけます。 


※揚げたてをタレにつけることで、味がなじんでおいしくなる。

7.6の鶏肉を皿に盛り付けて、5のタルタルソースを添えて【チキン南蛮】の出来上がり


広告


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

↓