サンマの塩焼き

レシピ さんまの塩焼き2013年10月30日(水)
日テレ

情報ライブミヤネ屋
愛のスパルタ料理塾
 ~さんま料理~

ミヤネ屋「愛のスパルタ料理塾」のコーナーでは、「さんま好きなご主人のために、さんまを使った料理を教えてほしい」という奥さまの希望から、お馴染み林先生が2品を作って紹介していました。

そのうちの1つ【さんまの塩焼き】は、切れ目を入れた上品な仕上がり!その上、ワタを焼いて添えてるあたりも興味深い作り方でした♪ このほろ苦いカリカリのわたペーストが、アクセントになってやきつきになる!とか。「毎日、作って」と相談者のご主人もコメントしていたほど!気になりますよねぇ(*^。^*)

実際に作ってみました!!

たしかに!いつも「にが~い(>_<)」と思うワタが、その苦さも長所に思えるような(笑)、塩をふり忘れましたが、作って正解!ご飯にはもちろん、お酒のあてにもなります!(^^)!

「さんまです!!」とばかりのドーンと1本丸ごとお皿に盛るのもいいですが、こんな上品な盛り方も箸がつけやすくて、いいですね!! 我が家の主人にも「上品だね」と好評♪ ワタ焼きも残さず、お皿がいつもよりもキレイに片付いてました(^O^)/

広告


【サンマの塩焼き】レシピ

<材料> 2人分

サンマ2尾
適量
サラダ油適量
大根(下ろす)100g
スダチ(縦半分に切る)2個

<作り方> 調理時間20分ほどPT20M / 写真:1/2量

1.サンマ(2尾)は包丁の先を使いウロコを取り除いたら、頭と尾を落とし4等分に筒切りにします。

※サンマの身を傷つけないように、包丁の先を使いウロコや汚れを取り除く!

広告

レシピ さんまの塩焼き2.サンマの内臓は取り出したらアルミホイルにのせ、きつめに塩を振り、グリルでカリカリに焼きます(強火)。 
 
 

※内臓を取り出しカリカリにすることで、生臭さが軽減するレシピ さんまの塩焼き

レシピ さんまの塩焼き3.身はクッキングペーパーを巻いた割り箸を使い、塩(適量)を加えた氷水で腹の中を洗います。氷水を変えてもう一度洗い、水分を拭き取ります。 

※塩を加えた氷水で洗うことで身が締まる 

レシピ さんまの塩焼き

レシピ さんまの塩焼き4.3のサンマの裏に横1本、表に5�o間隔で切り込みを入れます。 

(右写真:左側が表側5�o間隔で切り込み。右側が、裏に横1本切り込みを入れてます)

※切り込みを入れることで、早く火が通りやすくふっくら焼きあがる

レシピ さんまの塩焼き5.塩(適量)を振って、サラダ油(適量)をかけ、パリッとなるまで強火で約7分焼きます。 


※サラダ油かけて焼くとツヤが出る

6.焼けたサンマをお皿に盛り、大根おろし(100g)、縦半分に切ったスダチ(2個)、2のカリカリに焼いた内臓を添えて、【サンマの塩焼き】の出来上がり

●ミヤネ屋の放送を参考にして、自分なりに作ってみました。


広告


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

4 Responses to “サンマの塩焼き”

  1. クッピー より:

    さんま、美味しそうです。
    本当にお料理上手ですね。作り方もわかりやすいです。

  2. 三ツ星主婦 より:

    クッピーさん
    コメント下さってありがとうございます。ワタをホイルに取り出した時には、グロテスクで、大丈夫なのかなぁと不安になったんです実は(笑)
    4等分して、さらに切れ目を入れたりと、食べやすく美味しそうにも見えて、オススメです!(^^)!

  3. サンディ より:

    さんまの塩焼きの作り方、ミヤネ屋のHPより分かりやすかったです
    参考にさせていただき、今夜挑戦してみますね。

  4. 三ツ星主婦 より:

    サンディさん
    さんまの塩焼き、美味しかったでしょうかぁ?よく焼いたワタも、いい味のポイントでしたよね!! コメントありがとうございます(^O^)/ これからも見やすい、分かりやすいブログを目指しますね(^_-)-☆ 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

↓