サケとキノコのバターポン酢

情報ライブ ミヤネ屋 愛のスパルタ料理塾のサケとキノコのバターポン酢
2014年10月15日(水)

日本テレビ

情報ライブ ミヤネ屋 
~愛のスパルタ料理塾~

ミヤネヤでは、【サケとキノコのバターポン酢】 を上手に作りたい!というお魚好きなご主人さまを思う奥様からの リクエストが。

愛のスパルタ料理塾おなじみの林裕人さんが、鮭の身がふっくら!季節のきのこやフライドポテトを付けけ合わせて、ボリュームたっぷりなレシピを紹介していました。

< 実際に作ってみました!! >

最近、魚料理もいいもんだなぁ・・・と我が家で思いはじめて、
早速【サケとキノコのバターポン酢】 を作ってみました。

鮭の皮を焼いたり、フライドポテトを揚げたりと、
ちょっと手間がかかりました(^_^;)
フライドポテトは、レンジ?トースター?加熱なら
もう少し手間が省けますね。

鮭の皮は、私の場合、ちょっと焼き過ぎました(^_^メ)
最後トッピングする時に、おしゃれな雰囲気をダメにしてしまうのでは・・・
と躊躇しましたが、これがなかなかうまい!
いい塩気&食感がアクセントになりました。

実は、ポン酢が残り少なくて分量に足りませんでしたが、
この皮などにも助けられたように思います。

鮭やきのこ、フライドポテトにほのかな酸味とバターのコクもよく合って、
大満足な一品でした。

◆◇◆ 【サケとキノコのバターポン酢】  ◆◇◆

━━━━━━━━━━━━━━━━━

食材の手軽さ ★★★

作りやすさ   ★★☆

調理の時間  ★★☆ 
ボリューム感  ★★★

味の満足度  ★★★

━━━━━━━━━━━━━━━━━

皮を焼いたり、フライドポテトを揚げる手間がかかります(^_^;)
でも、ボリュームも増してメインになる満足の一品です。

【サケとキノコのバターポン酢】 のレシピは続きです♪

 

広告


■■■ 【サケとキノコのバターポン酢】レシピ ■■■

<材料> 4人分

生サケ…4切れ

酒…適量

塩…適量

白コショウ…適量

薄力粉…適量

サラダ油…適量

無塩バター…適量

レモン果汁…1/2個分

(バターポン酢ソース)
無塩バター…60g

ポン酢…大さじ4

レモン(輪切り)…4枚

(キノコ炒め)
フライドポテト(冷凍)…300g

シメジ…50g

マイタケ…50g

エリンギ…小1本

ニンニク…1片

青ネギ…2本

レモン果汁…1/4個分

塩、白コショウ…各少々

無塩バター…20g

サラダ油…適量

<作り方>   写真:半量の2人分(バターはかなり減量)
 
*材料の下準備*

  (1)生臭いので、生サケ(4切れ)の皮を取り除き両面に酒(適量)をなじませ、塩(適量)を振り、水分が出てくるまで約20分置きます。 情報ライブ ミヤネ屋 愛のスパルタ料理塾のサケとキノコのバターポン酢

※サケの皮と身の間に包丁を引っかけて固定し、皮を左右に揺らしながら手前に引っ張る

(2)( 1)で取った皮は、油をぬったアルミホイルに並べ塩(適量)を振りグリルで約5分焼きます。 カリカリに焼けたら塩(適量)を振って包丁で細かく切ります。 情報ライブ ミヤネ屋 愛のスパルタ料理塾のサケとキノコのバターポン酢

※食感のアクセントとしてトッピングに使用する

(私は少し焦がし気味ですが)

(3)シメジ(50g)とマイタケ(50g)は根元を切り、小房に分ける。エリンギ(小1本)は半分に切り、硬い根元のほうは薄切りに、かさのある方はくし切りにします。 情報ライブ ミヤネ屋 愛のスパルタ料理塾のサケとキノコのバターポン酢


※キノコは水で洗うと水分でべチャべチャになってしまうので、汚れていたら拭いて処理する

広告

※硬さによって切り方を変え食感のバランスを良くする

(4)青ネギ(2本)の青い部分を小口切りに、白い部分は縦に半分に切ってから小口切りにします。 ニンニク(1片)をみじん切りにしてサラダ油(適量)につけます。

※青ネギの青い部分は長さ2等分にし、細い先の方をもう残りの青ネギの中に入れて重ねると効率よく切れる

※ニンニクは、サラダ油につけることでアクが抜ける

(私はこの工程を省略しました)

*仕上げる*

(5)冷凍のフライドポテト(冷凍 300g)はキノコの大きさに合わせて切ります。 フライパンの底にたまるくらいの油を熱し中火で炒め揚げします。 ザルをセットしたボウルに油ごとフライドポテトを移し、油を切ったら全体に塩(適量)を振ってなじませます。 情報ライブ ミヤネ屋 愛のスパルタ料理塾のサケとキノコのバターポン酢


※揚げ始めに触るとボロボロになるので、あまり箸で触らずフライパンを揺する

※フライパンを揺すってフライドポテトを回しながら揚げることで、全体に油が回りカリカリに仕上がる

 

(6)ボウルに残ったフライドポテトを揚げた油をフライパンに少し戻し、全てのキノコ類を炒めます。 塩(適量)を振り、キノコが澄んだ色になってきたら(4)でみじん切りにしたニンニクを加え炒めます。 情報ライブ ミヤネ屋 愛のスパルタ料理塾のサケとキノコのバターポン酢

※キノコは水分が出やすくべチャっとなりやすいので、塩を加えることでキノコの水分を引き出し早く水分を飛ばすことができる

(7)フライドポテトを加えフライパンを揺らし全体を回すように炒め、塩・白コショウ(各少々)で味を調えます。無塩バター(20g)と(4)の青ネギを加え、全体を回すように炒めます。 レモン果汁(1/4個分)を搾って、混ぜ合わせたらバットに取り出します。 情報ライブ ミヤネ屋 愛のスパルタ料理塾のサケとキノコのバターポン酢

(8) (1)で塩を振っておいたサケから出た水分をキッチンペーパーでしっかり拭き、塩・白コショウ(各適量)で下味をつけます。 バットに薄力粉(適量)を広げ、下味をつけたサケの両面に薄力粉を薄くつけます。 情報ライブ ミヤネ屋 愛のスパルタ料理塾のサケとキノコのバターポン酢

※余分な粉がついていると食感が悪くなるのでしっかりはたく

 

 

(9)フライパンに無塩バター(適量)を入れ中火でバターを溶かす。バターが完全に溶けたらサケを入れ、焼き色がつけば裏返します。 バターをサケにかけながら乾かさずに焼きます。 仕上げにレモン果汁(1/2個分)を搾ったら、キッチンペーパーに取り出し余分な油を取り除きます。 情報ライブ ミヤネ屋 愛のスパルタ料理塾のサケとキノコのバターポン酢


※バターが焦げてしまうので絶対強火にはしない

※バターが細かい泡の状態なのを保ちながら焼くとしっとり焼き上がる

※触って弾力があれば焼き上がり

(10)フライパンにポン酢(大4)を温め、無塩バター(60g)を加えたら火を止めます。 フライパンを揺すりながらバターを溶かしたらバターポン酢ソースは完成。情報ライブ ミヤネ屋 愛のスパルタ料理塾のサケとキノコのバターポン酢 

(ポン酢が残り少なかったですが、他の具材の塩気でカバーできました)

(11)器に(7)のキノコ炒めを盛り、その上にサケを乗せ(10)のバターポン酢ソースをかけます。 さらに(2)のカリカリの皮を散らし、スライスしたレモン(輪切り 4枚)を添えて、【サケとキノコのバターポン酢】の出来上がり。 情報ライブ ミヤネ屋 愛のスパルタ料理塾のサケとキノコのバターポン酢

●情報ライブ ミヤネ屋 愛のスパルタ料理塾の放送を参考に作ってみました。


広告


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

2 Responses to “サケとキノコのバターポン酢”

  1. とも より:

    コメントするのは初めてですが、いつも楽しく拝見させていただいております。
    料理番組が大好きなのですが、見逃してしまったレシピを毎回丁寧に更新してくださるので、とても助かっています。
    調理行程のお写真もあり、とてもわかりやすいです。
    いつもとても綺麗に作られていて、お料理上手で羨ましいです☆
    私も、もっと頑張ろう!
    これからも、ブログ読ませていただきますね(^_^)

  2. 三ツ星主婦 より:

    ともさん
    はじめまして(^O^)/ いつもご覧いただいて、その上、コメントをくださって本当にありがとうございます。
    なかなか思うように上手く作れなかったり、私も試行錯誤です(^_^;)
    ブログ開始当初は、特にひどいもんですよ(笑)
    でも、少しずつですが上達している?!と思って(信じて)、これからも料理を楽しみたいと思います。
    応援をありがとうございます(*^_^*) ともさんも頑張ってくださ~い!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

↓