アサリの塩焼きそば


2011年8月30日(火)
日テレ

情報ライブミヤネ屋

愛のスパルタ料理塾
 ~アサリの塩焼きそば~

ご家族が大好物のアサリを使った美味しい塩焼きそばを作りたい!

という奥様からのご相談。

ガリッと砂が残らずに、アサリのうまみを凝縮した美味しい塩味の焼きそばの作り方を林先生がアドバイスしてくれました。

食べた瞬間、ご主人さまが笑ってしまう程、美味しく出来て大満足の様子でした。

じゃあ、我が家も早速!5~6時間の砂抜きで作っちゃいました。

アサリは1晩、砂抜きが理想だそうで・・・残念!1粒だけ「ガリッ」と(^_^;) 

でも、あさりのおかげ~♪

味がすぐにきまって美味しい塩焼きそばに仕上がりました~(*^。^*)

【アサリの塩焼きそば】のレシピ・作り方は、続きです。
 ↓  ↓

【アサリの塩焼きそば】レシピ


<材料> 
 

アサリ・・・20~24個 
ブロッコリー・・・1/4房
玉ネギ・・・1/2個
ニンジン・・・20g 
シイタケ(薄切り)・・・2個 
青ネギ・・・2本
ショウガ(皮つき)・・・適量(放送:薄切り1枚)
焼きそば用蒸し麺・・・2玉 

(調味料) 分量は<作り方>で
 酒 
 塩
 こしょう(白)
 中華スープ
 サラダ油 
 水 


<作り方>

*アサリの下処理*
1.ボウルに水(200cc)、塩(小さじ1)を入れ、洗ったアサリを入れます。


※アサリの砂を吐きやすくするため、海水に近い塩水につける。

2.ボウルにアルミホイルをかぶせ、箸で穴を数個開けます。できれば冷蔵庫に一晩入れておきます。

※アルミホイルをかぶせ、暗くして息ができるように箸で穴を開け、アサリが砂を吐きやすくなる。

3.アサリを取り出し、流水で貝殻をこすり合わせ、砂をきれいに落とすように洗います。


*野菜の下処理*
4.ニンジンは短冊切り、玉ネギ、シイタケは薄切りします。青ネギとショウガは、包丁を横にして叩きます。

ブロッコリーは、塩を振ってから茹でて氷水に落とし水を切り、軽く塩を振って置いておきます。

※水を切ったブロッコリーに、軽く塩を振ることで、余分な水分を引き出してくれる。

*アサリを炒め塩ダレを作る*
5.フライパンにサラダ油、アサリ、青ネギ、しょうがを入れて炒め、アサリの口が開きかけたら、酒(適量)を加え炒めます。

口が開いたアサリから順にザルに取り出します。

※炒めた時に出たダシ汁は、とっておきます(青ネギ、ショウガは捨てる)。

6.5のアサリのダシ汁は、そーっと漉して中華スープと合わせて100ccにします。

塩(小さじ1/2)、こしょう(少々)加え、よく混ぜて塩ダレの出来上がり

※アサリを炒めた時に出る汁は、うま味になるので、調味料を加え、塩ダレにする。

*具材を炒める* 
7.フライパンに油を熱し、ニンジン、玉ネギ、シイタケを炒めます。

ブロッコリーも加え、塩・こしょう(各適量)で下味を付け一度ザルに上げておきます。

*麺と具材を合わせる*
8.麺を皿に出し、手を軽く水でぬらして麺をよくほぐします。

ラップをして電子レンジで軽く加熱し(30秒弱)、麺をぬるい状態にします。

※電子レンジで軽く加熱することで、麺がふんわりする。

9.熱したフライパンに、8の麺を入れ、酒・水(各大さじ1)を加え、水分を飛ばし麺に火を通します。

7の具材、5のアサリを加え入れます。

※麺をフワッとさせるために、酒と水を合わせたものを使う。

10.6の塩ダレ(適量)を加え入れ、水分が無くなるまで炒めます。

青ネギ(小口切り)を加えて、器に盛り付け【アサリの塩焼きそば】の出来上がり

サブコンテンツ

このページの先頭へ

↓