こっぱみじん鍋




2013年1月23日(水)
日テレ

情報ライブミヤネ屋

愛のスパルタ料理塾
 ~鍋料理~

ミヤネ屋「愛のスパルタ料理塾」のコーナーでは、「同じ味で飽きるため、先生直伝のおいしい鍋を教えてほしい」という希望から、お馴染み林先生が鶏団子がやわらかくて美味しい鍋レシピを紹介していました。

林先生は、かたく味の染みていない白菜が、個人的に苦手(>_<)ということで、野菜をとにかく「みじん切り」にします!その名も【こっぱみじん鍋】!!! 

ん??よく考えたら、すごいネーミング(*_*) 受験生のいるご家庭では、避けたい鍋・・・ですよねぇ(^_^;)  我が家では、これ以上、「みじん」になるものもない?! ので、作ってみました(笑)。

しょう油ベースの味付けです。野菜が細かいことで、よく味が染みて美味しいです♪ 林先生ご愛用のフードプロセッサー、 『スピンフードチョッパー』 は、具材をあっという間にみじん切りに出来ます。とおすすめしていました。
 

ちなみに、鍋後は「雑炊」で、しめました。具材が多少残ってますが、細かいのでご飯と一緒に、サラサラッと流し込めて、完食~\(^o^)/

【こっぱみじん鍋】レシピ

<材料> 4人分

鶏ミンチ(むね・もも)…各100g 
白菜…300g 
シイタケ…4枚 
エノキ…1/2束
白ネギ…1/2本 
春雨…50g 
絹ごし豆腐…1丁

(鶏団子の下味)
塩…小さじ1/4 
酒…大さじ1/2 
卵…1/2個
ショウガ絞り汁…15g分 
ネギショウガ水…大さじ2 
片栗粉…大さじ1

(煮汁)
和風だし…700cc 
中華だし…700cc
みりん…100cc 
酒…30cc 
淡口しょう油…10cc

(トッピング)
青ネギ…3本分 
黒七味…適量 
レモン…1/2個

【こっぱみじん鍋】の作り方は、続きに書きました。
  ↓   ↓

広告


<作り方> 写真:半量の2人分

*下準備*
1.ボウルに水(適量)、皮を包丁の背側でたたいて繊維を潰したショウガの皮、白ネギの青い部分も同じように潰して加え、ネギショウガ水を作っておきます。 

2.別ボウルに鶏ミンチ(むね・もも各100g)に塩(小1/4)を加え、全体がつながるまで、よく練ります。

3.酒(大1/2)、ショウガの絞り汁(15g分)を加えさらに練り、1のネギショウガ水(大2)を少しずつ、混ぜながら加えて、 溶いた卵(1/2個)を少しずつ加え、よく混ぜ合わせます。

広告

最後に、片栗粉(大1)を加え、よく混ぜ合わせます。 

※ネギショウガ水を加えることで、鶏団子がやわらかく仕上がり、臭みも抑えられる

4.3のタネを手に取り、親指と人差指で輪を作り、指の間から押し出します。さらに、親指で表面をなでて滑らかにしながら、団子状に成形し、熱湯にくぐらせます。

表面が白くなったら、氷水に落としてザルに引き上げます(火が通ってなくてOK)。 

※湯通しすることで、臭みを抑えることができる

5.エノキ(1/2束)は、根元を切り落としたら、さらにフォークでほぐして、5mm幅に切ります。 

※こうすることで、細かいエノキが取り除くことができて、食感が良くなる。

野菜の白菜(300g)、シイタケ(4枚)、白ネギ(1/2本)をすべて、5mm角のみじん切りにします。

絹ごし豆腐(1丁)、春雨(50g)は熱湯で戻し食べやすい大きさに切っておきます。 

*仕上げ*
6.沸騰した湯(700cc)に、鶏ガラスープの素(大1)を加えて、白ネギの青い部分と、ショウガの皮を、潰してから入れて数分炊き、ザルでこします。 


※白ネギの青い部分とショウガの皮を加えることで、インスタントの臭みが抑えられる!

7.別の鍋に湯(700cc)を沸かし、和風だしの素(大1/2)を加えて、かつお節を、ひとつかみ加えて火を止め、しばらく置き、ザルでこします。 

8.土鍋に6の中華だし、7の和風だしを入れます。

酒(30cc)を加えて沸いたら、みりん、淡口しょう油(各100cc)を加えます。 
 
 

※湧いている状態で調味料を足していくことで、味がなじみやすくなる。

9.8に5の野菜から順に4の鶏団子、豆腐、春雨を加え入れて炊きます。

器に盛り分けて、小口切りした青ネギ(3本分)、黒七味(適量)、くし型に切ったレモン(1/2個)などお好みでトッピングして、【こっぱみじん鍋】の出来上がり 

●レモンの爽やかな酸味が、合う。と放送していました。私は、ゆずの皮で風味づけをしました。

●私は、ウチにあった「はんぺん」を追加しました。


広告


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

↓