チョコレートソーセージ

choco-sausage2011年2月5日(土)
日本テレビ

世界一受けたい授業

中川二郎先生

バレンタインが近いこともあって、今日の世界一受けたい授業ではおウチで簡単に失敗なく作れるスイーツを沢山、紹介していました。

ヨーロッパ生まれのスイーツ【チョコレートソーセージ】または、【チョコレートサラミ】と呼ばれている高級チョコをウチにある食材で作れます!

ということで、作ってみました。クランベリーがなくて、フルーツミックスを使用しました。味はどうでしょう?今、冷蔵庫で冷やし中です。もう少しのお楽しみ~♪

≪追記≫
30~40分くらいで、ある程度かたまって、切れそうでした(仕事で外出。8時間後に切りました)

お味は・・・『最高~~~!!!』 
もんのすごく、美味しいです( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \

ナッツやクッキーの歯応えがあったり、マシュマロのフワッした食感があれば、ドライフルーツの酸味があったり!と、いろんな味やアクセントがあって、これは1切れがとっても贅沢なチョコレートです!

溶かして混ぜて巻くだけ【チョコレートソーセージ】レシピ

<材料> 放送:直径5cmX20cmくらいのもの1本でした
●私はすべて半量(直径4.5cmX12cmくらいに仕上がりました)


生クリーム・・・90cc choco-sausage1
チョコレート・・・120g(刻む)

お好みの具材
クランベリー・・・90g
ナッツ・・・30g(砕いて)
クッキー・・・25g (砕いて)
マシュマロ・・・30g(手でちぎる)

※フルーツは水分があるので、ドライフルーツがオススメ。とのことでした

⇒私は、ホームメイドさんの「フルーツビッツ」を使用しました
(上写真:左手前のアプリコット・パイナップル・パパイヤ・マンゴ・リンゴ・レーズンが入ったものです)

<作り方>は、続きに書きました。
↓  ↓



<作り方>

1.鍋に生クリーム(90cc)を入れて沸騰させ、チョコレート(120g)を混ぜて溶かします。choco-sausage2

2.1にお好みの具材のクランベリー(90g)、ナッツ(30g)、クッキー(25g)、マシュマロ(30g)を加えて混ぜ合わせます。

●放送:火からおろすタイミングの詳細説明がありませんでした。
⇒私はチョコレートが溶けて具材を入れる時に、鍋を火からおろして混ぜ合わせました。

3.2をクッキングシートに流して、棒状に巻き、両端を飴玉のように包みます。choco-sausage3

choco-sausage4

4.冷蔵庫で1時間冷やして固まったら、粉砂糖をかけて輪切りにして完成

choco-sausage5

choco-sausage6

≪追記≫
●マシュマロは、1個(約2.5X2cm)を3~4等分くらいに手でちぎりました(写真右)。choco-sausage7

ほかの具材も仕上がり時に具材を切るくらいの感覚で、わりと大きめに砕いてゴロゴロっとで、ちょうどいいかと思いました。

●チョコレートは、「Home made CAKE」さんの手作り用・割りチョコ(ミルク)を私は使用しました。choco-sausage8

10gブロックで分量が分かりやすくて便利です。

「スイート」は、カカオ分51%で、少し苦味も強いかと(写真右側)

≪再追記≫
●最後の仕上げにまぶす【粉砂糖】ですが、チョコの表面が少しウェットなので、私はノンウェットタイプの粉糖を使いました。
(違うところの商品ですが、ご参考までに~)
   ↓  ↓  ↓
【溶けない粉糖】

サブコンテンツ

このページの先頭へ

↓