チキンナゲット

レシピ チキンナゲット2014年2月22日(土)
日テレ

世界一受けたい授業
~家庭科~

渋川祥子先生が、【チキンナゲット】がお家で簡単に手作りできます!と放送していました。

材料を混ぜて、冷やし固めてから切るところがポイント!形がお店のように均一のように見えました。

マスタードソースも、お店の味と同じ!!と出演者たちも絶賛!とっても気になりますっ(^q^)

もう今夜は夕飯も済ませたので、明日、早速作ります。まずは、私と同じように気になった方へ、作り方&レシピをあげておきます。

≪追記≫
 ★実際に作ってみました!!

<感想>
ふぅーチキンナゲットに見える出来に、なんとかたどり着きましたぁ!!
実は終始、「出来るのかな?」と不安の連続でした(^_^;)

まず、肉だねがめちゃくちゃトロトロやわらかくて、とても放送のようにラップに巻くことが出来ませんでした(+_+)
このブログを書いてて、今、気が付きました!!!
半量の鶏肉で作ったので卵も半個のところ、私は卵を1個丸ごと入れてしまいました\(◎o◎)/!
肉だねがゆるいはずですっ(+_+)

その上、肉だねにラップを一緒に巻き込んでしまってて、
切る前にラップを抜く手間がかかってしまいました(>_<)

なので、凍らせた形もむなしく崩れて・・・放送のように均一な形になりませんでした。
でも、それっぽい形に揚がってると、自分では思ってるのですが・・・どうでしょう!? 

そして、今度は衣です。放送で見てても、衣がシャバシャバだったのが疑問でした。
あんな水のような液にくぐらせて、本当にナゲットになるの?
と思いきや、大丈夫! ちゃんと衣になって、無事に揚がりました!(^^)!

「マジック」のようです(笑)

料理で言うのは、適切じゃないかもしれませんが、
ホント終始「大丈夫なの?」と、首を傾げながらだったんです。
自分が分量を間違える、というミスをしただけなんですがねm(__)m

<お味>
肝心のお味ですが、ナゲットに仕上がってました!
私は鶏もも肉&むね肉と両方を自分でミンチに叩いて合わせました。
そのためか、食感に違いが出て「肉」を感じるところもあって美味しかったです。

ちなみに、世界一受けたい授業の放送でも好評だった「手作りのマスタードソース」良かったです!
ハチミツやケチャップが入るので、本来のマスタードの辛みに甘みとかプラスされて、
まろやかなマスタードソースに仕上がってます。
いつもケチャップ派の主人もつけていました♪ これは本当にお店にちかい味かもです(*^。^*)


■■■ お家で簡単!【チキンナゲット】レシピ ■■■

<材料> 約35個分(私が作った大きさだと20個くらいかと)

鶏ももひき肉150g
みじん切りにした鶏むね肉150g
小麦粉大さじ3
1個
塩・コショウ小さじ1/2

(衣)
200ml
小麦粉大さじ6
顆粒コンソメ大さじ1

(ソース)
マスタード17.5g
マヨネーズ2.5g
ケチャップ5g
ハチミツ15g

<作り方> 調理時間20分ほど(冷やし固める時間を除く)PT20M / 写真:材料半量。放送より大きめ9個


1.ボウルに鶏ももひき肉(150g)、みじん切りにした鶏むね肉(150g)、小麦粉(大3)、卵(1個)、塩・コショウ(小1/2)を入れて、よく混ぜ合わせます。 レシピ チキンナゲット
 

※よく混ぜることで、独特の歯触りになる

2.1をラップに移して、棒状に伸ばして包み、バットにのせて冷凍庫で少し固めます。 レシピ チキンナゲット

●放送:約35cm幅、太さは4~5�pくらいの太巻きのよう。キャンディーの包み方でした。 

※凍らせ過ぎると切れなくなるので、約3時間ほどを目安に凍らせる

(私は、放送よりも太めに巻いてます)

3.2のラップを広げて、約1�p幅の輪切りにします。 レシピ チキンナゲット
 

4.ボウルに水(200ml)、小麦粉(大6)、顆粒コンソメ(大1)を混ぜ合わせ、3をくぐらせて衣をつけて低めの温度の揚げ油で、長めに揚げます。 レシピ チキンナゲット
 

レシピ チキンナゲット 

5.浮き上がってきつね色になれば、【チキンナゲット】の出来上がり
マスタード(17.5g)、マヨネーズ(2.5g)、ケチャップ(5g)、ハチミツ(15g)を混ぜ合わせたソースを添えてどうぞ。

●世界一受けたい授業の放送を参考にして、自分なりに作ってみました。

サブコンテンツ

このページの先頭へ

↓