鶏レバーひじき




2012年6月18日(月)
日テレ

スッキリ!!

はるみキッチン

~鶏レバーひじき~

今回は、栗原はるみさんが、お母さんが作ってくれたという【鶏レバーひじき】を紹介していました。

「ひじき」と「レバー」なんて鉄分たっぷりで栄養満点のひと品なんでしょう(^^ゞ! 好んでは調理しない「鶏レバー」ですが、「この機に好きになってほしい!」と栗原はるみさんのコメントに後押しされて、作ってみました【鶏レバーひじき】。

臭みの無い、食べやすいレバーに下ごしらえ出来ました(^O^)/ ポイントは、「流水でよく洗うこと」「しっかり下茹ですること」この2つ!!

10分茹でて、20分の蒸らし。そんなに\(◎o◎)/! 半量の100gで作ったので、よりこれくらいのお肉に、こんなに加熱が必要?!とちょっと驚きました。

2,3分ずつ短め、フライング気味で作りましたが、おかげで臭みの無い、食べやすいレバーに下ごしらえ出来て、【鶏レバーひじき】も美味しい(*^_^*) 地味な見た目がまた「身体にいい」って感じ~。

栗原はるみ先生の【鶏レバーひじき】レシピ

<材料> 4人分
 
鶏レバー…200g
 長ねぎの青い部分…1本分
 しょうが…1片
ひじき(乾燥)…40g

(調味料)
酒…大さじ2
しょうゆ…大さじ3と1/2~4
みりん…大さじ3
砂糖…大さじ2と1/2~3
だし汁…1と1/2カップ

(トッピング)
絹さや…50g

栗原はるみ先生の【鶏レバーひじき】の作り方は、続きに書きました。
  ↓   ↓

広告

広告


<作り方> 写真:材料半量

1.ひじきは水に浸けて戻し食べやすい長さに切ります。

(右写真:約半量の25gですが、すごい量になりました)。

絹さやは筋を取り 少しかためにゆでて斜め切りにします。 

2.レバーを流水でよく洗い表面の血液をしっかり拭き取ります。 

酒(大2)を入れた熱湯にレバーを入れ、臭み消し用の長ねぎの青い部分、しょうがを加えて約10分茹でます。
 

※レバーをよく洗い、しっかり下ゆですることで嫌な生臭さが消え、レバーが苦手な方でも食べやすくなります!

3.約10分茹でたら、火を止めフタをして約20分蒸らします。

(早く作りたい方は、ゆでるだけでもOKです)

ゆで上がったらレバーをザルにあげ、小さめの一口大に切ります。 
 

4.鍋にだし汁(1と1/2カップ)、砂糖(大2と1/2~3)、しょうゆ(大3と1/2~4)、みりん(大3)を入れ煮立たせます。

5.煮立ったら3のゆでて切ったレバーを入れ2~3分煮ます。 

6.さらに、ひじきを加え中火で約10分煮汁が少なくなるまで煮ます。 
 

器に盛り、絹さやを添えて【鶏レバーひじき】の出来上がり


広告


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

2 Responses to “鶏レバーひじき”

  1. おじゃり丸 より:

    こんにちは。テレビで見ておいしそうだったのでこちらのレシピを拝見して作りました。
    おいしかったです。家族もおいしいって喜んでくれました。ただ、レバーが苦いものがありネットで調べたら緑色のは胆嚢?の色なので苦味があるとか。
    水洗いと下茹でしたんですけどレバーの質が悪かったのかなぁ。けどこのレシピは我が家の殿堂入り決定です。いつもお世話になり感謝です(*^^*)

  2. 三ツ星主婦 より:

    おじゃり丸さん こんにちは!
    緑っぽいものは、胆のうで苦みがあるとは、知りませんでした(@_@;) せっかく作って、苦みはちょっと残念でしたけど、ご家族の方も喜んで『殿堂入り』なら、よかったです\(^o^)/  鉄分やビタミン、食物繊維バッチリですね(^_-)-☆
    今後は、おいしいレバーを見極めることも、大事なんですね!私も、気をつけて買いたいと思います。
    教えて下さってありがとうございます♪ 私も感謝です(*^_^*)

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

↓