里いものえびそぼろあんかけ

satoimoan2009年12月10日(木)
日テレ

スッキリ!!
はるみキッチン

栗原はるみさんの里いも料理人気No1の意外なアレンジ料理「里いものえびそぼろあんかけ」!里芋といえば定番“煮っころがし”ですが、栗原流は、“エビのそぼろあんかけ”をたっぷりかけて食べる、大人からお子様にも喜ばれる嬉しいひと品です!!

【里いものえびそぼろあんかけ】栗原はるみ先生レシピ

<材料>  4人分

里いも…1kg

だし汁…1カップ
しょうゆ…大さじ1
薄口しょうゆ…大さじ1
砂糖…大さじ1
酒…大さじ1
みりん…大さじ2

(えびそぼろあん)
えび…8尾
干ししいたけ…4枚
にんじん…小1/3本
鶏ひき肉…100g

だし汁…2カップ
砂糖…大さじ3
薄口しょうゆ…大さじ2
みりん…大さじ2
酒…大さじ2
しょうゆ…大さじ1~2
片栗粉…大さじ1
水…大さじ1

<作り方>

*里いもの準備*
1.皮を剥いたら、アクを取るため水にさらし、ひと口大の大きさに切る。そして約6分、下ゆでしてざるにあけておく。
(目安は、さい箸が通るくらいとのこと)
※里いもを下ゆですると短時間で味がしみ込む。里いものぬめりが、味のしみ込みの邪魔をするので、下ゆでしてぬめりを取ることが大切!

2.だし汁、しょうゆ、薄口しょうゆ、砂糖、酒、みりん合わせて煮立たせ、落しぶたをして煮汁がほとんど無くなるまで煮詰める。
(約10分くらいとのこと)

広告

*あん作り*
3.殻を剥いたエビを腹と尾に切り分け、尾の部分細かく切っていき 腹の部分は少し大きめに切る
(食感を残したいだけとのこと)

4.にんじん、水で戻した干ししいたけは荒みじん切りにする

5.ボウルにひき肉、3のエビ、4のにんじん、しいたけを入れ、混ぜ合わせるsatoimoan2

6.だし汁、砂糖、薄口しょうゆ、みりん、酒、しょうゆを鍋に入れ沸騰させたら、5で混ぜ合わせた具材を入れる。
※混ぜ合わせた具はダシが沸騰した時に入れるとバラバラにきれいに分かれる。ぬるい時に入れてしまうと、具が団子状に固まってしまいます

7.もう一度、煮立たせてアクが出たら取り除き、片栗粉を入れ、とろみをつければえびそぼろあんの出来上がり。satoimoan3
※あんかけは、白いごはんや麺にかけてもおいしくいただけます

8.2の里いもを皿に盛り付け、上から7の餡をたっぷりかけて完成!

美味しいです~(⌒~⌒) とくに、「えびそぼろあん」が、白いご飯にも合って、とっても好評でした。

「大根」を使ったレシピやグラタン、ふたりでおせちなど、2010年のカレンダーも付いた栗原はるみ先生の最新レシピ本です!


広告


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

↓