肉だんごとキャベツ鍋


2012年1月9日(月)
日テレ

スッキリ!!
はるみキッチン

~肉だんごとキャベツ鍋~

今回は、栗原はるみ先生が、正月明けの疲れた胃にあっさり、やさしい味の【肉だんごとキャベツ鍋】を作って紹介していました。

ポイントは、肉だんごに「里芋」をすりおろして加えるところ。ほわっほわの食感に仕上がります!ということでした。スープ代わりに早速、作ってみましたが、私の場合「ほろほろ」という感じの肉団子に仕上がりました。

キャベツの甘さが引き立つお鍋で、汁がなんせ美味しい!!! 思わず〆(しめ)の絶品みそラーメン用のスープが、残り少なくなってしまいました\(◎o◎)/!

放送では、味噌の味付けと中華麺でしたが、そのままのスープでしめるなら春雨や素麺などやさしい麺も合うように私は思いました♪

 栗原はるみ先生の【肉だんごとキャベツ鍋】レシピ

<材料> 4人分

キャベツ…6枚(正味400g)
鶏ひき肉…200g
豚ひき肉(脂の多い部分)…200g
里いも…1個(正味60g)
しょうが汁…小さじ1
紹興酒…大さじ1
塩…小さじ1/4
こしょう…少々
スープ…(顆粒鶏ガラスープ 大さじ2・湯 6カップ)

(しめ) 
中華めん(生)…適宜

(特製みそだれ)  
みそ…100g  
酒…大さじ2  
みりん…1/4カップ 
砂糖…少々

栗原はるみ先生の【肉だんごとキャベツ鍋】の作り方は、続きに書きました。
  ↓  ↓


<作り方> 写真:半量

 1.ボウルに鶏ひき肉・豚ひき肉を入れ、しょうが汁(小1)、紹興酒(大1)、塩(小1/4)、こしょう(少々)を加え混ぜます。

※脂の多い豚ひき肉を使うことで、肉だんごが煮込んでも固くなりません!

2.里いもは、皮をむいてぬめりをとり、ぬめりが取れたらすりおろし、1のタネに混ぜ込みます。 

※里いもを加えることで、小麦粉や片栗粉などのつなぎ代わりになり、食感もほわっほわに仕上がります!

3.鍋にスープ(顆粒鶏ガラスープ 大2・湯 6カップ)を入れ、煮立ったら2のタネ(適量)をスプーンなどですくって入れます。 

4.肉だんごに火が通ったら、ざく切りにしたキャベツを加えます。

キャベツがしんなりしてきたら【肉だんごとキャベツ鍋】の出来上がり

器に盛り、お好みで豆板醤やすだちなどを加えていただきます。

◇◆◇∴‥◇◆◇∴‥◇◆◇∴‥◇◆◇∴‥◇◆◇∴‥◇◆◇

〆(しめ)の【特製みそラーメン】レシピ

 <作り方>

1.みそ(100g)、酒(大2)、みりん(1/4カップ)、砂糖(少々)を混ぜ合わせ、小鍋に入れ沸々としてきたら、弱火にして3分くらいで煮詰め冷ましてみそだれを作ります。

 2.中華めんを鍋に入れ茹でます。ゆで上がったら器に盛り、【肉だんごとキャベツ鍋】の汁、1のみそだれ、紅しょうが、万能ねぎをトッピングして〆(しめ)の【特製みそラーメン】の出来上がり

サブコンテンツ

このページの先頭へ

↓