ベイクドチーズケーキ


2011年12月9日(金)
日テレ

スッキリ!!

はるみキッチン

~チーズケーキ~

今回は、もうすぐクリスマス!ということで、クリスマスには欠かせないケーキの中から【ベイクドチーズケーキ】を作って紹介していました。

この【ベイクドチーズケーキ】は、材料を混ぜるだけの『失敗なしのチーズケーキ』と言われる簡単レシピです。と栗原はるみさん。ありがとうございま~す!

他局の料理番組「男子ごはん」でも、以前に紹介していたため、私も2度ほど作っている【ベイクドチーズケーキ】です。ホント失敗しません\(^o^)/!! 

作り立てはスフレのようにふわっふわ、冷やしてしっとり濃厚なチーズケーキに。と2度楽しめる嬉しいスイーツでお気に入りレシピです♪ と言っても、ふっくら焼き上がった円形のケーキに、スプーンを入れることは気が引けて、焼き立てを食べたことはありませんが(^_^;)

今回のレシピは、クリームチーズが1箱ちょうど使い切れる200g。と以前の分量とちょっとだけ変わりましたが、230gでも大丈夫!底に敷き詰めるビスケットは、クッキーでもカステラでもOK!と栗原はるみ先生のありがたいお言葉が!

ということで、残り物のマリービスケットで早速、作りました(^O^)/ まだ焼き立てで、食べるのは「おあずけ」です・・・(^^ゞ。ふっくらと焼き上がりましたが、冷めるとこれが萎(しぼ)むんですよねぇ~。今夜、食べるのが楽しみです♪♪♪

≪追記≫
待ちに待って、食べましたぁ\(^o^)/  味見の段階で「甘いなぁ」と思いましたが、冷めて「ちょうどいい」具合いでした。15cm型で焼いたので、放送のよりも高さのあるチーズケーキに仕上がりました(*^^)v

栗原はるみ先生の【ベイクドチーズケーキ】レシピ

<材料> 直径18�pケーキ型 1台分

クリームチーズ…1箱(200g)※230gでも可
バター(無塩)…大さじ3
ビスケット(全粒粉タイプ)…100g ※クッキーでも可
グラニュー糖…1/2カップ
卵…2個
生クリーム…1パック
薄力粉…大さじ3
レモン汁…大さじ1

栗原はるみ先生の失敗しない【ベイクドチーズケーキ】の作り方は、続きに書きました。
  ↓  ↓

<作り方>  写真:15cm丸型

1.常温に戻したクリームチーズ1箱(200g)をボールに入れハンドミキサーで混ぜてなめらかにします。

グラニュー糖(1/2カップ)、溶いた卵(2個分)を順に加えてハンドミキサーでよく混ぜます。

2.生クリーム(1パック)を加え、さらにハンドミキサーでよく混ぜ合わせます。

薄力粉(大さじ3)をふるい入れて軽く混ぜ(放送:ゴムべらに持ち替えて)、レモン汁(大さじ1)を加えさらに混ぜます。

※1の工程の後は、混ぜる順番はお好みでOK!

3.ビスケット(100g)を手で砕きビニール袋に入れ、めん棒やすりこぎなどで粗く潰します。溶かしバター(大さじ3)と混ぜ合わせます。

4.3の砕いたビスケットをクッキングペーパーを敷いた型の底に敷きつめます。

5.2の生地を流し入れ、型の周囲を持って持ち上げ、台に2~3度軽く落として空気を抜き、160℃のオーブンで45~50分焼きます。

6.焼きあがったら30分程置き粗熱を取り、冷蔵庫で1時間ほど冷やし型から外して【ベイクドチーズケーキ】の出来上がり
お好みで粉糖をかけてどうぞ~

※焼きたてを食べる場合は、とても熱くなっているので気を付けて下さい

サブコンテンツ

このページの先頭へ

↓