スペアリブの黒酢煮




2012年7月2日(月)
日テレ

スッキリ!!

はるみキッチン

~スペアリブの黒酢煮~

今回は、圧力鍋がなくても、鍋でゆでるだけでやわらかジューシー!という【スペアリブの黒酢煮】を栗原はるみさんが紹介していました。

っで、ウチには豚バラ肉のブロックがあったので、代用して作ってみたのですが・・・、失敗(>_<) ほろほろっと煮溶けるようなやわらかい仕上がりを想像していたので、残念!かたいなぁ(^_^;) 

味付けは、黒酢でサッパリしてます。本来のスペアリブで作ったら、もっと脂身が少なくサッパリとした仕上がりだったことでしょう。

大根とゆで卵を追加して作ったので、すっかり 『豚の角煮』 ですね(^_^;) 期待したほどやわらかくなかったけど、これはこれでいい、良しとしよう♪

肉のゆで汁を使った、ふわふわ卵の【サンラータン】は、気を取り直して、後で作ってみようと思います。まずは、【スペアリブの黒酢煮】を画像付きでアップします。

栗原はるみ先生の【スペアリブの黒酢煮】レシピ

<材料> 4人分

スペアリブ…600g
水…4カップ
酒…大さじ2
しょうが…1片
長ねぎの青い部分…1本分

紹興酒…1/4カップ
黒酢…1/2カップ
砂糖…大さじ3
しょうゆ…大さじ2~2と1/2

栗原はるみ先生の【スペアリブの黒酢煮】【サンラータン】の作り方は、続きに書きました。
  ↓   ↓


【スペアリブの黒酢煮】

<作り方> 写真:肉は半量の300g、煮汁は分量通り

1.スペアリブを水洗いして水気をよくふき取り、沸騰したお湯に入れ約3分茹でます。

スペアリブはゆで上がったらザルにあげ鍋に戻します。 


※スペアリブを二度ゆですることで、余計な脂とアクが出てさっぱりと下ゆで汁になり、後でスープにする時、おいしいさっぱりとしたサンラータンを作ることが出来ます。

(私は、豚バラブロック肉を代用)

2.水(4カップ)を鍋に入れ、沸騰したら縦切りにした長ねぎの青い部分、潰したしょうがを鍋に入れます。

酒(大2)を加え、フタをし弱火で約30分茹でます。 

3.別の鍋に黒酢(1/2カップ)、紹興酒(1/4カップ)、しょうゆ(大2~2と1/2)、砂糖(大3)、お好みでにんにく(2~3片、分量外)を入れ、2のゆで上がったスペアリブを重ならないように並べます。 

4.落としブタをして約10分蒸し煮します。

スペアリブを裏返し、再び落としブタをして約5分煮て、汁気が少なくなったら【スペアリブの黒酢煮】の出来上がり 

◇◆◇∴‥◇◆◇∴‥◇◆◇∴‥◇◆◇∴‥◇◆◇∴‥◇◆◇∴‥◇◆◇

【サンラータン】

<材料> 4人分

絹豆腐…小1丁(200g)
卵…2個
干ししいたけ…2枚

上記のスペアリブのゆで汁…2カップ
水…2カップ
紹興酒…大さじ1
酢…大さじ3~4
顆粒鶏ガラスープ…少々
塩(お好み)…少々(小さじ1)
薄口しょうゆ…大さじ1
片栗粉・水…各大さじ1

<作り方>

1.鍋にスペアリブのゆで汁(2カップ)、水(2カップ)を入れ温めます。
顆粒鶏ガラスープ(少々)、戻して細切りにした干ししいたけ、7~8�o角に切った絹豆腐を加えます。

2.酢(大さじ3~4)、紹興酒(大1)、薄口しょうゆ(大1)、お好みで塩(少々)を加え味を調えます。

3.鍋が沸騰したら水溶き片栗粉を入れとろみをつけ、溶き卵を入れ火を止めます。
器に盛り、お好みで香菜、ラー油をかけて【サンラータン】の出来上がり

※水溶き片栗粉を入れてから溶き卵を入れることで、ふわふわ卵になりますよ/span>

サブコンテンツ

このページの先頭へ

↓