キャベツケーキ

kyabetu-cake.jpg2011年4月22日(金)
日テレ

スッキリ!!

はるみキッチン

~キャベツケーキ~

『野菜を子供に食べさせたい!』と、栗原はるみ先生が試行錯誤して考案した【キャベツケーキ】

ケーキに見立てた野菜たっぷりのオムレツを紹介していました。kyabetu-cake9.jpg

早速!作ってみたら、とろとろ卵とシャキシャキのキャベツがいいです!!

というか、ほうれん草にタマネギ、じゃがいも・・・具沢山でボリュームたっぷり大満足でした~\(*^0^*)/

栗原はるみ先生の【キャベツケーキ】のレシピ・作り方は、続きに書きました
 ↓  ↓

広告


栗原はるみ先生の【キャベツケーキ】レシピ

<材料> 直径18cmケーキ型1台分

春キャベツ…3枚
ジャガイモ…2個(正味200g)
玉ねぎ…1/2個
ほうれん草…1/2束
ベーコン…2枚(ハム、ウィンナー、ひき肉などでも可)
卵…6個

バター…大さじ2
塩…小さじ1/3
こしょう…少々
(サラダ油…少々)


<作り方>
   (写真:直径15cm型。卵5個使用)

●ケーキ型にクッキングシートを敷いておきます

*下ごしらえ*
1.ジャガイモを15~20分ほど茹でて、皮をむき7~8mm厚さの半月切りにします。タマネギは、5mm厚さの縦薄切り、kyabetu-cake2.jpgほうれん草は5cmほどの長さに、ベーコンは1.5~2cm幅くらいに切ります。

2.キャベツの葉は、ひと口大のざく切りにします(放送:大きめの方が、シャキシャキ感が残って美味しい)。
芯の部分は、そぎとり千切りにします。

広告

kyabetu-cake4.jpg
※春キャベツの芯は、糖度が高くとても甘いので、生地に混ぜます

3.ボウルに卵、塩を入れて白身を切るようによく溶きほぐします。これを卵4個分と2個分に分けます。

4.熱したフライパンに、油をひかずにベーコンを炒めます。(テフロンでない場合は、サラダ油を使用して)

kyabetu-cake5.jpg.ベーコンから脂が出てきたらバター、そして玉ねぎ、キャベツ、ほうれん草の順に加え炒めます。

※野菜のシャキシャキ感を残したいので、炒めすぎには要注意!

6.さらに、ジャガイモを加えて、塩、こしょうを加え味を調えます。

kyabetu-cake6.jpg
*具材と卵を合わせて仕上げ*
7.6の具材を熱いうちに、卵4個分の溶き卵の方に混ぜ合わせます。

8.7をケーキ型に流し入れます。上から卵2個分の溶き卵を流し入れます。kyabetu-cake7.jpg

※溶き卵を上からかけることで、野菜と野菜のすき間を埋めるつなぎになる

9.200℃に予熱したオーブンで約25分ほど焼きます。
kyabetu-cake8.jpg

10.型からはずして、ショーケーキのように切り分けます。

ケチャップ、ソース、マスタードをトッピングして【キャベツケーキ】の出来上がり


広告


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

↓