カジキマグロのソテー粒マスタードソース

magurodon-harumi.jpg2011年3月4日(金)
日テレ

スッキリ!!

はるみキッチン

~丼ぶり~

今日は、カジキマグロを使った丼ぶり料理を紹介していました。

簡単手作りの麺つゆと粒マスタードが入った栗原はるみ先生の特製ソースが今回のポイントでした。

このソース、バターの風味も効いてて好評でした。良かったぁ~~~(*^。^*) 時には、魚も食べないと(^_^;)

栗原はるみ先生の【カジキマグロのソテー粒マスタードソース】丼ぶりレシピ・作り方は、続きに書きました。
↓  ↓

広告


栗原はるみ先生の【カジキマグロのソテー粒マスタードソース】レシピ

<材料>  4人分(写真2人分)

カジキマグロ・・・4切れ
薄口しょうゆ・・・小さじ1
酒・・・小さじ1
塩・・・少々

片栗粉・・・適宜

(ソース)
しょうゆ・・・大さじ6
みりん・・・1/2カップ
削りガツオ・・・15g
粒マスタード・・・大さじ1
水溶き片栗粉・・・水・片栗粉(各小さじ1と1/2)
バター・・・大さじ1

チンゲン菜・・・?1株~2株くらいかと(白菜を代用しました)
塩・こしょう・・・少々

magurodon-harumi.1.jpg
<作り方>

*下ごしらえ*
1.カジキマグロを半分に切り、塩、薄口しょうゆ、酒で下味をつけ約10分置き、味をなじませます。

※カジキマグロに調味料を吸わせるようにもみこむと焼くときに水っぽくなりません

広告

magurodon-harumi.2.jpg*ソース作り*
2.耐熱ボールにしょうゆ、みりんを入れ、削りガツオを加えます。

3.ラップをせずに電子レンジ(600W)で約3分加熱し、粗熱が取れたらザルでこします。
magurodon-harumi.3.jpg
※この【手作り麺つゆ】は、おひたし・冷奴・素麺などに使えて重宝します

*仕上げ*
4.1のカジキマグロに片栗粉をまぶし、サラダ油を引き強火で熱したフライパ焼きます。

焼き色がついたらサラダ油を足し裏面も焼きます。

magurodon-harumi.4.jpg5.別のフライパンで葉と茎に分けたチンゲン菜を茎・葉の順で炒め塩・こしょうで味を調えます。
(白菜を代用してます)

6.鍋で3のソースを温め、水溶き片栗粉を加えトロミをつけます。
火を止めて、粒マスタード、バターを加えます。

※バターをmagurodon-harumi.5.jpg加えてコクをプラスします

7.器にごはんを盛り、5のチンゲン菜、4のカジキマグロを盛りつけて、6のソースをかければ完成

●海苔・ごまのトッピングは、アレンジです


広告


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

2 Responses to “カジキマグロのソテー粒マスタードソース”

  1. アリス より:

    お久しぶりです(^^)
    これ途中から見て美味しそうでアップ期待してました(^^)
    ありがとうございます。

  2. 三ツ星主婦 より:

    アリスさん
    おはようございます放送で美味しそうでしたよね
    早速、作ってアップしました。お役に立てそうで良かったです
    レシピ通り「ちんげん菜」の方が、緑色がキレイかもしれませんね

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

↓