いちご丸ごとロールケーキ




2012年4月2日(月)
日テレ

スッキリ!!

はるみキッチン

~ロールケーキ~

今回は、お祝い事のプレゼントにもピッタリな【いちご丸ごとロールケーキ】を栗原はるみ先生が、作って紹介していました。

「難しい」と思われがちなロールケーキですが、「意外と簡単で豪華に見える」との栗原はるみ先生のコメントに、おもいきってロールケーキ初挑戦してみました。

まだ、スポンジ生地を焼いたところまでの途中経過ですが、仕事から帰宅して今晩、巻いてロールケーキにするのが楽しみです♪♪♪ 

焼きにムラがあります。オーブンが小さくて、小さめの型を購入しましたが、角があたってうまく回転してくれません(@_@;) ターンテーブルがストップしてしまいました(T_T) 途中、向きを変えてなんとか焼いたしだいです(汗)


≪追記≫

失敗っ!!巻けませんでしたぁぁぁ(T_T) 予想以上に生地が硬くて、みごとに割れてしまいました(@_@;) 硬いカステラみたい(^_^;)

どうして(・・? とレシピを見直したら、粗熱をとる時に、『ラップをしなかった』ことが判明!原因は、これでしょうか・・・。

イチゴも生クリームも準備万端だけに、これは再度チャレンジですっ!ロールケーキが食べた~い)^o^( 

≪再追記≫
リベンジしましたっ!!なんとか、巻くことが出来ました。焼き後、しっかりラップをしました!

生地に割れ目があったり、スポンジの生地と生クリームのバランスが悪い仕上がりです(^_^;) でも、とにかくロールケーキ作れましたぁぁぁ(*^^)v

栗原はるみ先生の【いちご丸ごとロールケーキ】レシピ

<材料> 26cm×26cm天板1枚分

(生地)
 卵(全卵)…3個
  ※生地をしっとりさせたい場合⇒卵黄さらに1個分プラス
 グラニュー糖…100g
 薄力粉…100g
 牛乳…大さじ1

生クリーム…1カップ
グラニュー糖…大さじ4
いちご…1パック(14~16粒)

栗原はるみ先生の【いちご丸ごとロールケーキ】の作り方は、続きに書きました。
  ↓  ↓


<作り方> 写真:23X15cmのロールケーキ型(材料は半量で)

1.ボウルに卵(全卵3個)を割りほぐし、ハンドミキサーで混ぜながら(写真右)、グラニュー糖 (100g)を加え、約5分よく混ぜます。 


※生地をしっとりさせたい場合は、卵黄 1個分をさらに加えます

2.牛乳(大1)、薄力粉(100g)を加えサックリと混ぜ合わせます(放送:ゴムベラで)。

(放送:薄力粉をふるいながら加えてました。私もザルでふるいながら。写真右) 

3.クッキングシートを敷いた天板に、2の生地を流し入れ、天板をたたき空気を抜き表面をならします。

170℃に予熱したオーブンで約20分焼きます。 

4.粗熱を取りラップをかけてしっとりと冷まします。

生地の両サイドを斜めに切り、生地の手前に浅く切れ込みを入れます(写真右)。

一度、生地を巻き、クセをつけておきます(写真右)。 

※両サイドを切って一度巻き、クセをつけておくと最後に巻きやすくなります!

5.グラニュー糖(大4)を加え泡立てた生クリームを生地に塗り広げます。

ヘタを取り除いたイチゴ丸ごとを手前2列に並べ、ロール状に巻きます。

両端に生クリームを塗り(蓋をして)、ロールケーキの全体をグラニュー糖で表面をデコレーションしたら【いちご丸ごとロールケーキ】の出来上がり

(私は、表面のグラニュー糖のデコレーションは省略しました)


≪私のアレンジポイント≫

●巻き終わり後、念のためもう1度包んで、冷蔵庫で2時間以上冷やしました(写真右)。

⇒巻き終わりを下にして落ち着かせてから、カットしてみました。

●粗熱をとってラップは15分くらいか、生地が少し温かいくらいで巻きました。

⇒少し温かいくらいの方が割れにくい。ということもあるようなので…

●23X15cmのロールケーキ型を使用で、卵はM玉2個使いました。

⇒生地に割れ目が入り、パスつきを感じました。さらに卵黄を追加した方がよいと思いました。

サブコンテンツ

このページの先頭へ

↓