炊きおこわ




2012年12月20日(木)
日テレ

キューピー3分クッキング

石原 洋子 先生

~炊きおこわ~

キューピー3分クッキングでは、持ち寄りの一品にもおすすめ。と、【炊きおこわ】を作って紹介していました。

炊飯器でOK!簡単に作れるようだったので、早速、夕飯に作ってみました。 もちっとして美味しい(*^_^*) 

レンコンや銀杏も、もち米とは、また違った食感でいいです! 具材を軽く油で炒めてから炊きあげるので、ツヤッとした仕上がりです。握ったりよそったり扱いやすいように思います。

やっぱり「おこげ」、いいですね♪♪♪

【炊きおこわ】レシピ

<材料>  4人分

もち米…2合
鶏もも肉…1/2枚(150g)
しめじ…1パック(100g)
れんこん…1/2節(100g)
ぎんなん…20個

酒…大さじ2
しょうゆ…大さじ1+1/2
砂糖…小さじ1
塩…小さじ1/2
油…大さじ1/2
水+炒め汁…360ml(米と同量)

【炊きおこわ】の作り方は、続きに書きました。
  ↓   ↓

広告


<作り方> 写真:1/2量

1.もち米(2合)は、炊く30分前に洗ってザルに上げ、水気をよくきります。 

※もち米は洗ってザルに上げておき、水気をしっかりきっておくこと(水分量が変わる)。

広告

2.鶏肉(1/2枚150g)は1.5cm角に切ります。しめじ(1パック100g)は石づきを切り、細かくほぐます(長いものは半分に切る)。

れんこん(1/2節100g)は皮をむき、3mm厚さのいちょう切りにし、ざっと洗って水気をきります。 

3.ぎんなん(20個)は殻を割ってとり出し、少量の熱湯でゆでながら玉じゃくしの背で転がして薄皮をむき、水にとって残りの皮を除き、ザルに上げます。

(私は、茹でてあるものを使用しました)

4.フライパンに油(大1/2)を熱し、鶏肉を色が変わるまで炒め、しめじ、れんこんの順に加えて炒め、全体に油がまわったらぎんなんを加えて炒め合わせます。 

5.酒(大2)、しょうゆ(大1と1/2)、砂糖(小1)で調味し、ひと煮してボウルで受けたザルに上げます。 

ボウルに落ちた炒め汁に水を足して360mlにします。
 

6.炊飯器に1の洗い米を入れ、5の炒め汁(米と同量360ml)、塩(小1/2)を加えてざっと混ぜます。

5の具を米の上にのせるようにして入れ、炊き込みごはんモード、または普通に炊きあげて、【炊きおこわ】の出来上がり 

※炊くときに、具は米の上にのせるだけでよい、決して混ぜたりしないこと。


広告


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

5 Responses to “炊きおこわ”

  1. 麻生泰 名医 より:

    いいですね

  2. らすぞう より:

    いつも参考にさせてもらっています!
    私も明日、おこわを作ろうと思っているのですが、電子レンジ(栗原はるみさん)と炊飯器ではどちらの方が美味しく炊けますか?

  3. 三ツ星主婦 より:

    らすぞうさん
    いつも覗いて下さって、ありがとうございます♪
    具材を炒める工程も同じ、どちらも、モチッと美味しかったですが、『おこげ』が、大きく違うところですね!! 
    栗原はるみさんのレシピは、モチッとしながら少しパラッともして、お米の粒もしっかり感じる仕上がりでした。
    「即、食べたい!」という時に、ぜひおすすめですね(^_-)-☆ おこげは、出来ません。
    個人的には、炊飯器で作って「おこげ」と2度楽しむ方が、よかったです(*^。^*)

  4. らすぞう より:

    ご回答ありがとうございました!
    結局、3分クッキング炊きおこわの材料に、栗原はるみさんのレンジ手法でトライしてみました。
    少し柔らかくなってしまいましたが、おこわがレンジで調理できるのは感動モノでした。
    確かにおこげもいいですよね~♪
    次回は炊飯器でチャレンジしてみます!

  5. 三ツ星主婦 より:

    らすぞうさん
    報告をありがとうございます(^O^)/ 気になってました。
    >3分クッキングの材料に、栗原はるみさんのレンジ手法で
    ミックスで作られたんですね。なるほど!美味しそうです。
    ほんと、おこわがレンジで出来るなんて、感動しますよね~私もそうでした\(^o^)/
    炊飯器で「おこげ」もオススメです!が、今日NHKあさイチで、またもレンジで作るおこわを紹介していました。
    流行っているのでしょうか?! 近々、作って、私もまた感動する予定で楽しみです♪

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

↓