レモン入り!ヨーグルトケーキ

yogurt-cake.jpg2011年6月11日(土)
日テレ

キューピー3分クッキング

丸山 久美 先生

~パウンドケーキ~

ヨーグルトの入ったパウンドケーキ。

レモンの果汁でスッキリとして、皮のすりおろしも入って、香りもいいです!!

焼きあがり後、ラップに包むところがポイント!

とってもしっとりとしたケーキで、パサパサしません。

温かくても美味しいのですが、冷やすのもオススメ!とのことで冷やして食べました。

砂糖を10g減量したため、甘さがかなり控えめに仕上がりました(^_^;)

これはいい!!父の日の候補かなぁ~(*^。^*)   

しっとり・あっさりの【ヨーグルトケーキ】レシピ・作り方などは、続きに書きました。
 ↓  ↓

広告


【ヨーグルトケーキ】レシピ

<材料>  18×8×高さ6cmのパウンド型

プレーンヨーグルト・・・120g
オリーブ油・・・大さじ4
レモン汁・・・大さじ1
レモンの皮のすりおろし・・・1/2個分

卵・・・2個
グラニュー糖・・・80g
薄力粉・・・120g
ベーキングパウダー・・・小さじ1
    

<作り方>


*下準備*

  ・ヨーグルトと卵を室温にもどしておく。
  ・型の底と側面に紙を敷く。
  ・薄力粉とベーキングパウダーを合わせてふるう。
  ・レモンはブラシを使ってよく洗い、黄色い表皮をすりおろします。

*生地作り*yogurt-cake2.jpg
1.ボウルに卵を溶きほぐし、グラニュー糖を加えてハンドミキサーで白っぽくなるまで泡立てる。

※もったり白っぽくなるまで5分くらいかけてしっかり泡立てる
yogurt-cake4.jpg

広告

(放送:はじめ高速回転で、後から低速でキメを整えて。とのことでした)

2.1にヨーグルト、オyogurt-cake5.jpgリーブ油、レモン汁、レモンの皮のすりおろしを加え、さらにハンドミキサーで1分ほど混ぜ合わせる。

※バターを使わず、オリーブ油を使うのが特徴です。yogurt-cake6.jpg

3.2にふるい合わせた薄力粉とベーキングパウダーを5~6回に分けて加えながら、そのつどゴムベラで切るようにして混ぜ、最後に底のほうから大きく混ぜ合わせる。

yogurt-cake7.jpg

4.用意した型に流し入れ、底を2回ほど打ちつけて空気を抜く。

yogurt-cake9.jpg
*焼気仕上げる*
5.180℃に熱しておいたオーブンの中段に入れ、5分焼いていったんとり出し、手早くナイフで中央に切り込みを入れます。

(生地がやわらかく、切り込みを入れた実感が湧きませんでしたが、下写真のように大丈夫でした)

yogurt-cake10.jpg
6.そして、170℃に下げて30~35分焼く。
(竹串を中央に刺して生地がついてこなければ焼き上がり)

7.オーブンから出し、温かいうちに型からとり出し、紙を除いてラップで包み、1時間以上おいてしっとりとさせる。

※ラップに包んで蒸らし、しっとりさせます。冷たく冷やしておいしいケーキです


広告


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

↓