りんごのケーキ

applecakecut2009年11月7日(土)
日テレ

キューピー3分クッキング

門倉 多仁亜先生

この秋、門倉先生がおすすめのパウンドケーキは、しっとりジューシーなりんご(紅玉)を使ったケーキです。リンゴの酸味がほどよくて、しつこくなくペロリと食べられておすすめです★★★【かぼちゃのチーズケーキ】に続く、初心者ケーキ作り第2弾!なんとかそれっぽい仕上がりに出来上がりました!直径16cm丸型(5号)で材料(半量)で作りました

【かぼちゃのチーズケーキ】レシピ(キューピー3分クッキング)こちらです

【りんごのケーキ】レシピ

<材料>  直径24cm丸型1台分
 
 (パウンド生地)
薄力粉…200g
ベーキングパウダー…小さじ2
バター(無塩)…125g
グラニュー糖…125g
バニラエッセンス…少々
塩…少々
レモンの皮のすりおろし…少々
卵…3個
牛乳…大さじ1~2
レーズン…20g

(フィリング・詰め物)
りんご(紅玉)…2~3個(約400g)
レモン汁…少々
レーズン…20g
スライスアーモンド…少々

(ホイップクリーム)作りやすい分量
生クリーム…200ml
グラニュー糖…大さじ1
バニラエッセンス…少々
※ホイップクリームを添えていただくのがドイツ式

●バター、薄力粉、粉糖

<作り方>

*フィリング(詰め物)の準備*applecake1
1.レーズンは湯通しをして水気をきっておく。

2.りんごは皮をむいて4~6等分のくし形に切り、芯をとり除く。外側のカーブに、厚みの1/3まで縦に細く切り目を入れ、入れ終わったものからレモン汁を加えた水につける
※変色させないため

*パウンド生地を作る*
1.型にバターをぬって薄力粉をふり、底にオーブンシートを敷く。
 
2.薄力粉とベーキングパウダーを合わせて2回ふるっておく。バター、牛乳は室温にもどす。
 
3.ボウルにバターとグラニュー糖を入れ、泡立て器で白っぽくなるまで混ぜ、バニラエッセンス、塩、レモンの皮を加えて混ぜ合わせる。
※グラニュー糖とバターをしっかりと混ぜることが大切

4.室温にもどした卵を1個ずつ加えてそのつどしっかり混ぜる。
※混ぜ方が足りなかったり、卵が冷たすぎると分離しやすいので注意する。
 
5.ゴムベラに持ち替え、4に2の粉を2~3回に分けて混ぜ込む。ヘラで生地を少し持ち上げてボウルに落とし、少しだけ間があって落ちるくらいを目安に。
※なかなか落ちず、固いようなら牛乳を足して固さを調節して下さい。

6.さらに5の生地にレーズンを加えて混ぜる。1の型に流し入れ、表面を平らにならす。applecake2

7.下準備したりんごの水気をふきとり、切り目を上にして6のパウンド生地に放射状にきっちり並べ、中心にものせる。りんごの表面に溶かしバター少々をぬり、レーズンとスライスアーモンドを散らす。
(中心には、りんごがのりませんでした)

applecake38.170℃に熱したオーブンに入れて40~50分焼く。竹串を刺してみて、生地がついてこなければ焼き上がり。
※りんごのそばの生地に、竹串を刺して確認すると良いようです

9.粗熱がとれたら、型からはずして網の上で冷まし、粉糖を茶こしで全体にふる。
お好みで生クリームにグラニュー糖、バニラエッセンスを加えて八分立てのホイップクリームを作り、ケーキに添える。
※1~2日ほど置いてからいただくと、より美味しいそうです!

ほどよい甘さで(砂糖50g)、ホイップクリームは添えずにいただきました。んーーー美味しい(⌒~⌒) 型など使わずもっと気軽にできる門倉先生のパンケーキもおすすめです★★★
【りんごのパンケーキ】レシピはこちらです

サブコンテンツ

このページの先頭へ

↓