贅沢野菜のポトフ鍋

13potaufeu2009年12月22日(火)
日テレ
おもいッきりDON!
~昼得ファイル~

「予約の取れない超一流店のご主人がこっそり教えるおうちで簡単!絶品鍋」ということで、ミシュランガイド・フランス4年連続!星を獲得のシェフ・松嶋啓介さんが、13種類もの具材(鶏肉&12種類の野菜)たっぷりのあったか「ポトフ」を作って紹介してくれました。

【贅沢野菜のポトフ鍋】レシピ

<材料>  2~3人前

鶏モモ肉…250g(ひと口サイズ)
ニンニク…1カケ(皮つきのままつぶす)
タマネギ…1/2個(くし切り)13potaufeu1

里芋…2個(丸ごと、または2等分くらい)
ジャガイモ…2個(2~4等分くらい)
ニンジン…1/2個(乱切り)
品川蕪…1本(乱切り)←不使用
カブ…1個(4~6等分くらい)
セロリ…1本(4~5cmほどの短冊切り)
エリンギ…1本(長さ1/2、タテに4等分くらい)
エノキ…1/2株(石づき除く)
シメジ…1/4パック(石づき除き、小房に分けて)
キャベツ…1/4個(ざく切り)
カリフラワー…1/3株(小房に分けて)

広告

塩…ひとつまみ
カブの葉…適量(あれば)

<作り方>

1.鍋に湯を沸かし、鶏肉、ニンニク、タマネギを入れる
※タマネギは、ゆっくり火が入ることで甘みが出るので先に入れる

2.火が通りにくいものから皮をむき、切って鍋に入れるだけ。
里芋、じゃがいも、ニンジンなどの根菜。

カブやセロリなど繊維の多い野菜、塩(ひとつまみ)を入れて20~25分ほど煮る
※野菜を煮る時、塩を入れることで野菜のうまみを引き出してくれる

3.エリンギ、シメジなどのキノコ類、キャベツなど火の通りやすいもの、そして歯ごたえを残したいカリフラワー(カブの葉)等を最後に入れ、ふたをして、およそ2分で完成!
お好みで、塩・黒コショウをかけてどうぞ

特別なダシは一切わず、塩だけ。野菜からじっくり染み出たうまみで、極上の贅沢なスープ!〆(しめ)には、雑炊がおすすめということでしたが、スープを全部飲み干してしまいました~

適当な浅い鍋がなく、土鍋で作りました。ジャガイモやカブ、松嶋シェフがおすすめのサトイモは、ホクホクと!鶏肉は、ほろほろっと、とってもやわらかく美味しく出来ました!


広告


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

↓