味噌田楽

misodengaku2011年1月31日(月)
日テレ
PON!

万能調味料
~練り味噌~

浜内千波先生が、ヘルシーで腸の活動も活発にしてくれるコンニャクをたっぷり食べられる【味噌田楽】の作り方を紹介していました。

とにかく簡単だから、「もう1品!」という時のお助けレシピにもなって、よかったです!お腹も膨れるから、ダイエットにもオススメですね★★★

串刺しのコンニャクを土鍋(小)に入れて食卓へ~、シンプルながらも、温かく、我が家は気持ちが「ほっこり」しました(*^。^*)

浜内千波先生の【味噌田楽】レシピ

<材料>

こんにゃく・・・2枚
塩・・・適量

(練り味噌)
味噌・・・大さじ5
酒・・・大さじ5
砂糖・・・大さじ5
ごま(白)・・・小さじ1

<作り方>

1.こんにゃくに塩をまぶして、手でしっかり揉みこみながら塩ずりします。
※こんにゃくを塩ずりすることで、表面に傷がつき、味が浸透しやすくなる。臭みを消す効果もある

2.1のこんにゃくが、くたっとやわらかくなったら、短冊切りにして串を刺します。

広告

3.2のこんにゃくを水の状態からで、沸騰させてから3分ほど茹でます。

*練り味噌を作る*
4.鍋に味噌、酒、砂糖を入れて、混ぜ合わせながら中火弱で5分ほど火にかけます。
misodengaku3misodengaku4

5.4にごまを混ぜて練り味噌の出来上がり

6.3の茹で上げたこんにゃくを器に盛り、その上から5の練り味噌をかけて、味噌田楽の出来上がり

【焼きおにぎり】作り方
misodengaku5
1.おにぎりを成形後、トースターで焼きます

2.【練り味噌】を塗り、もう1度トースターで表面に焦げ目をつけて出来上がり

翌朝、焼きおにぎりにしたら、大好評!!

●トースターでは、焦げ目がつくまで時間がかかって、途中からグリルに変更しました。直火にちかいので、早くてグリルがオススメです。


広告


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

↓