イチゴ大福(クリーム)

itigo-daifuku.jpg2011年2月28日(月)
日テレ

PON!

~いちご大福~

電子レンジで簡単にデザート【いちご大福】が作れたら嬉しいですよねぇ(*^。^*) 

浜内千波先生が、中に詰めるホイップクリームもあっという間に作れる、時短ワザで作り方を紹介していました。

求肥を作ったところまでは、順調だったんですけどねぇ・・・包むのが難しかったです(^_^;) 

今にも、苺が突き出てきそうです~~~っ(T_T)

でも、美味しい~~~(*^。^*)  次回は、苺&あんこで再挑戦しようと思います!

≪追記≫
冷蔵庫で冷やしてみたところ、求肥もやわらかいままで、中のクリームが落ち着いて良かったです。

浜内千波先生の【本格イチゴ大福】のレシピ・作り方は、続きに書きました。
↓  ↓

広告


簡単!【本格イチゴ大福】レシピ

<材料> 4個分

(求肥)
白玉粉・・・50g      
砂糖・・・大さじ3          
水・・・大さじ5        
片栗粉・・・適宜

(餡)itigo-daifuku1.jpg
イチゴ・・・4個       
生クリーム・・・60g    
イチゴジャム・・・大さじ1


<作り方>

*求肥を作る*
1.耐熱ボウルに白玉粉、itigo-daifuku2.jpg砂糖を入れて混ぜ、水を2回くらいに分けて入れ溶かします。

※白玉粉を細かく潰しておく

ラップをせずに電子レンジで2分ほど加熱します(600W)

itigo-daifuku3.jpg2.1の耐熱ボウルを取り出したら、すぐにかき混ぜ滑らかになるまでかき混ぜます。

広告

(放送:スプーンを使ってお餅のように伸びるくらいの状態でした)

3.2を打ち粉の片栗粉を広げたトレーの上にのせて、まぶしながら手で4等分にちぎって冷ましてitigo-daifuku4.jpgおきます。

※冷まして餡が溶けるのを防ぎます

●放送:求肥を円形にする工程の説明がありませんでした。
⇒私はここで、円形に(直径10cmほど)伸ばして冷ましました(写真右:左上の感じ)。

*餡を作る*itigo-daifuku5.jpg
4.別のボウルに生クリーム、イチゴジャム入れて、泡立て器を使ってホイップします。

※生クリームにジャムを加えてホイップすることで、素早くホイップクリームが出来ます

itigo-daifuku6.jpg
●1分ほどでホイップクリームが、出来上がりました(写真右)。

*仕上げ*
5.3の求肥の片栗粉を軽くはたき落して、4のホイップクリームを盛り、イチゴをのせて求肥で包んで完成!

itigo-daifuku7.jpg
※イチゴは、とんがりを下(ホイップクリームの方)、ヘタを上にしてのせます。

●放送:イチゴのヘタの方へ求肥を寄せ集めるように包んでいました

●生クリームが多いと溢れるので、少なめに包みました
⇒生クリーム半量で、4個出来ました

●実は、上記1の工程を見損ねています(>_<) なので、『白玉粉を細かく潰しておく』加減が分かりませんでしたm(__)m
⇒が、上写真くらいの粒が残ってても、「大丈夫でした」という報告をさせていただきます


広告


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

サブコンテンツ

このページの先頭へ

↓