いちご大福(あん)

itigo-daifuku-an.jpg2011年2月28日(月)
日テレ

PON!

~いちご大福~

おうちで簡単に旬の苺を使った【いちご大福】を浜内千波先生が作って紹介していました。

このレシピでは、生クリームを包んでいたので、今回は私のアレンジで「あんこ練りごま餡」を包んでみました。「こしあん」が、沢山残っていて・・・(^_^;)

練りごまを加えるから甘さが抑えられて、主人にも好評です(*^。^*) 

求肥の砂糖も減量して、より我が家好みの味に作りました。美味しい~~~(*^。^*)

求肥は、時間が経っても作りたてのやわらかさが最高です!!

【いちご大福】のレシピ・作り方は、続きに書きました。
↓  ↓

広告


【いちご大福】レシピ

<材料> 2個分

(求肥)
白玉粉・・・25g      
砂糖・・・大さじ1          
水・・・大さじ2.5        
片栗粉・・・適宜

(餡)
イチゴ・・・2個       
こしあん(市販)・・・60g    
練りごま(白)・・・大さじ1/2

<作り方>

*餡を作る*
1.いちごはヘタつきのまま洗い、ペーパーにとって水気を拭いてヘタを除きます。

広告

※水気があるとあんのつきが悪くなるのでよく拭いて下さitigo-daifuku-an1.jpg

2.別のボウルに、こしあん、練りごまを入れて、混ぜ合わせます。

3.2の餡を2等分して、丸く広げて1のいちごをのせ、いちごの先端を少し出すようにして包み込みます。

*求肥を作る*
4.耐熱ボウルに白玉粉、砂糖を入れて混ぜ、水を2回くらいに分けて入れ溶かします。ラップをせずに電子レンジで2分ほど加熱します(600W)

5.4の耐熱ボウルを取り出したら、すぐにかき混ぜ滑らかになるまでかき混ぜます。
(放送:スプーンを使ってお餅のように伸びるくらいの状態でした)

6.5を打ち粉の片栗粉を広げたトレーの上にのせて、まぶしながら手で2等分にちぎって円形に(直径10cmほど)伸ばして冷まします。(1、2分ほど)

※冷まして餡が溶けるのを防ぎます
itigo-daifuku-an2.jpg

7.3のいちご餡を6の求肥の上にのせて包んで完成!


※イチゴの先端を下にしてのせます。


広告


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

↓