ビーフストロガノフカレー




2012年12月3日(月)
フジテレビ

ノンストップ! 
サロネーゼな食卓

予約の取れない自宅レストラン・料理サロン『boa mesa』(ボアメーザ:ブラジル語で「素敵な食卓」の意味)の若林三弥子先生によるお料理コーナー『サロネーゼな食卓』。

ビーフストロガノフが、カレー味だという、その名も【ビーフストロガノフカレー】を作って紹介していたので、私も作ってみました。

ん~~~っ、トマトの水分だけで作るためか? 驚くほど水分が少ないです~っ(@_@;) 最初の蒸しの段階で、肉に火を通すべきでした。

火を通すため加熱してる間に、より水分がなくなってしまいました(T_T) 不安で最終的には、水を加えてしまいました(^_^;)。

『うまいねぇ』と、何も知らない主人。 味は良かったので、水分の点だけが心残りでした・・・。

【ビーフストロガノフカレー】レシピ

<材料> 4人分

牛切り落とし肉…400g
タマネギ…1/2個
マッシュルーム…8個
トマト…1個

塩…適量・小さじ1/4・小さじ1/2
グレープシードオイル…適量
白ワイン…大さじ2
薄力粉…大さじ2
バター…20g・10g
カレー粉…大さじ2

(バターライス)
ご飯…600g
バター…30g
パセリ…大さじ2(みじん切り)

【ビーフストロガノフカレー】の作り方は、続きに書きました。
  ↓   ↓

広告


<作り方> 写真:半量2人分

広告

1.タマネギ(1/2個)は、繊維を断ち切るように薄切り、マッシュルーム(8個)は石づきを除き4等分に切ります。 

※タマネギは、繊維を断ち切るように切ることで、火の通りが早い。その上、食感も残る!

2.鍋に1のタマネギ、マッシュルーム、トマト(1個ヘタを取り除き、上むきで)、塩(適量)を加え牛肉(400g)の順に広げて入れます。

塩(小1/4)、グレープシードオイル(適量)、白ワイン(大2)を加え蓋をして強火で3分ほど加熱します。 

写真右:半量につき、トマトは半個で横向きです。

3.1度火を止めて、鍋の中でトマトの皮を取り除きスプーンなどを使ってざく切りにしさっと混ぜ合わせます。

●この段階で、右写真よりも、肉に火が通ってました。 

薄力粉(大2)、バター(20g)を加えて火に戻し、さらに混ぜ合わせます。

4.カレー粉(大2)、塩(小1/2)を加えて、最後にバター(10g)を加え、混ぜ合わせトロミがついたら出来上がり 

5.温かいご飯にバター(30g)を加え、切るように混ぜ合わせたら、パセリ(大2)を加え混ぜます。 

6.お皿に5のバターライスを盛り、4をかけて【ビーフストロガノフカレー】の出来上がり

※バターライスを小ぶりなカップを使って盛り付けることで、おしゃれなレストラン風の仕上がりに!

●放送を見て参考にしながら、作り方をアップしました。


広告


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

↓