キノコたっぷりハッシュドビーフ

レシピ ノンストップ!2013年10月4日(金)
フジテレビ

ノンストップ!
坂本昌行のOne Dish

V6坂本昌行さんが、今回は、キノコがたっぷり秋を感じる【キノコたっぷりハッシュドビーフ】を作って紹介していました。

デミグラソースを使わずに、ケチャップやウスターソースといったウチにある調味料とトマト缶を使ったソースです。

実際に作ってみましたが・・・

気軽に作れて、煮込みも15分とあっという間に作れる、嬉しいレシピでした。トマト缶を使うので、あっさりとした胃に負担のない仕上がりのハッシュドビーフです。

少なめの牛肉も気にならないほど、3種類のきのこでボリュームたっぷり!ご飯にも炒めたエノキダケを混ぜて、きのこ尽くしです!舞茸の風味など感じるかなぁと思いましたが、エリンギの食感がよく、ご飯のえのき風味が効いてる!という印象です。 レシピは続きに

広告


坂本昌行さん特製【キノコたっぷりハッシュドビーフ】レシピ

<材料> 4人分

(ハッシュドビーフ)
牛肉切り落とし肉…200g
タマネギ…1/2個
マイタケ・シメジ…各80g
エリンギ…60g

塩・黒コショウ…各適量
薄力粉…大さじ1
バター…大さじ1

トマト缶(カットタイプ)…1缶(400g)
トマトケチャップ…大さじ3
ウスターソース…大さじ2
ローリエ…1枚
赤ワイン…100cc
水…200cc

(エノキご飯)
エノキダケ…120g
ご飯…丼ぶり4杯分
塩・黒コショウ…各適量
サラダ油…適量

(トッピング)
パセリ(みじん切り)…適量

<作り方> 写真:1/2量
 
*ハッシュドビーフを作る*
1.マイタケ・シメジ(各80g)は石づきを除き小房に分けます。エリンギ(60g)は食べやすい大きさに切ります。タマネギ(1/2個)は薄切りにします。 

広告

※きのこはカサが開いてなく、肉厚なものを選ぶとよい

2.牛肉(200g)は食べやすい大きさ切り、塩・黒コショウ(各適量)をふり、薄力粉(大1)をまぶします。 

3.フライパンにサラダ油(大2)を熱し、タマネギを炒めます。しんなりしたら、きのこを加え炒めます。 

4.きのこがしんなりしたら、きのこを端に寄せます。空いた所にバター(大1)を加え、2の牛肉を加えて炒めます。 

●放送:全体的に茶色でよく炒めた状態でした。

5.肉の色が変わってきたら、赤ワイン(100cc)を加えてアルコール分を飛ばし、半分に折ったローリエ(1枚)、トマト缶(400g)、トマトケチャップ(大3)、ウスターソース(大2)、水(200cc)を加え、15分ほど煮込みます。 

※ローリエは、半分に折って加えることで、香りがよくなります

*エノキご飯作る*
6.エノキダケ(120g)は石づきを取り除き長さを3等分に切ります。

別のフライパンに サラダ油(適量)を熱し、エノキダケをしっかり炒めます。 

●放送:全体的に茶色でカリッとしたのもあるほどよく炒めた状態でした。

7.ご飯(丼ぶり4杯分)と炒めたエノキダケを合わせて、塩・黒コショウ(各適量)をふって混ぜ合わせます。 

8.器に7のエノキご飯を盛って、5をかけ、みじん切りしたパセリ(適量)をトッピングして【キノコたっぷりハッシュドビーフ】の出来上がり

●放送を見て、参考にしながら作り方をあげました。


広告


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

↓