カボチャのニョッキ

レシピ ノンストップ! ニョッキ2013年9月23日(月)
フジテレビ

ノンストップ! 
麺’s イタリアン

イタリア人シェフのベリッシモ・フランチェスコさんが、いろんな麺を使ってお手軽イタリアンに仕上げるコーナー。

今週は、旬のかぼちゃを使った 【カボチャのニョッキ】をバターと黒コショウのシンプルなソースで仕上げてました。

実際に作ってみましたが・・・

作ってみたら、ニョッキがかためでしたぁ(@_@;) モチッとした食感を越えてしまって、やや残念なニョッキとなりました(T_T) 耳たぶ固さが、上手く調節出来ません(泣) 混ぜ方もまだらで、ニョッキの所々が白っぽいです。雑さが露見しています(^_^;)

でも、味がいいです!!バターの風味と【カボチャのニョッキ】が合います!クルミとシメジのそれぞれ違った食感も楽しいです♪ シメジでボリュームもアップした【カボチャのニョッキ】オススメです! (上写真:0.5人分です)。レシピは続きです。

●ちなみに、NHKきょうの料理ビギナーズで放送紹介された、シンプルな【かぼちゃのニョッキ】レシピはこちらです

広告


【カボチャのニョッキ】レシピ

<材料> 2人分

カボチャ…300g(正味150g)
薄力粉…150~200g
卵…1個
粉チーズ…大さじ2
塩…小さじ1/4
黒コショウ…適量

クルミ(殻なし)…6個(20g)
シメジ(石づきを除いて、小房に分ける)…60g
セージの葉(または、イタリアンパセリ)…10枚
バター…30g
粉チーズ…適量

<作り方> 写真:1/2量ほど

1.カボチャ(300g)は種とワタを取り除き、ラップで包み、電子レンジ(600W)で4分ほど加熱します。

取り出して皮を取り除き、フォークなどでつぶし粗熱をとります。 

広告

2.大きめのまな板に薄力粉(150g)をのせて山のようにし、中央をあけてドーナツ状にします。

中央に卵(1個)、粉チーズ(大2)、塩(小1/4)、黒コショウ(適量)の順に加え、そのつど周りの粉を崩しながら混ぜ合わせます。 

3.2に1のカボチャ(150g)を加えて混ぜ合わせ、ひとまとまりにします。

ベタベタする時は薄力粉を少しずつ足し、耳たぶくらいの固さになるように調整します。 

※カボチャの水分によって、粉の量は調整してください

4.3の生地をラップで包み、10分ほど休ませます。 

5.クルミ(6個20g)を3~4分ゆでて、粗熱をとったら、竹串などで薄皮を取り除きます。

(私は、ミックスナッツのクルミを茹でたりせずに、そのまま使用しました)

6.まな板に打ち粉(分量外)を広げ、4の生地を棒状にのばし、ひと口大に切って丸め、親指で押してくぼみをつけます。 

鍋に湯を沸かして塩(分量外)を加え、ニョッキを入れて2分ほど浮いてくるくらいを目安に茹でます。 
 

7.フライパンにバター(30g)を溶かし、石づきを除いて小房に分けたシメジ(60g)、5のクルミ、セージの葉(10枚)を加えて炒めます。 
 

※焦げそうな場合は、ニョッキのゆで汁を加えて調整します

8.シメジがしんなりしたら、6のニョッキを水気をきって加え混ぜ、黒コショウ(分量外)をふります。器に盛り、粉チーズ(適量)をふって【カボチャのニョッキ】の出来上がり 

(私は、セージを省略。最後に普通のパセリをトッピングしました)

●放送を見て参考にしながら、作り方をアップしました。
(工程1~7は、掲載本ESSE参照。工程7~はテレビ放送を見ました)


広告


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

↓