鶏ももの白みそ焼き

レシピ 男子ごはん2014年4月13日(日)

テレビ東京

太一Xケンタロウ

男子ごはん

~春の和定食~

男子ごはんでは、春の和定食ということで、たけのこを使った【豚肉とたけのこの混ぜご飯おにぎり】や、【うるいのごま和え】などを作っていました。

【鶏ももの白みそ焼き】をおかずにして、焼きおにぎりや白いご飯にも合うような”行楽シーズン”にぴったりのお料理でした。

実際に作ってみました!!

<感想>

私は、おかずの【鶏ももの白みそ焼き】と、【豚肉とたけのこの混ぜご飯おにぎり】を作ってみました。

【豚肉とたけのこの混ぜご飯おにぎり】は、おにぎりにせず、お茶碗に普通に盛りました。

そのため、放送よりもたけのこ・豚肉をやや大きめに私は作ってます。

レシピ通りに作ると、具材が小さくご飯と混ざりやすく、まとめやすいとのことです。

混ぜご飯、鶏肉どちらも茶色の仕上がりです。

その上、私は茶色の皿に盛り付けました。

なので、主人には、

「秋っぽい感じだねぇ」

と言われてしまいました(^_^;)  ♪春なのに~・・・♪

たしかに・・・。他に「ほうれん草のごま和え」を作りましたが、

出し巻き卵のような「黄色」のものを合わせたら、

もっと、彩り豊かに「春らしさ」が、出たかなぁと思いました。

ちなみに、【鶏ももの白みそ焼き】は、白味噌を切らしたので、

合わせ味噌で私は作りましたが大丈夫でした。

白いご飯にも合う味つけです。

今回、放送通りと味付きのご飯と合わせて作りましたが、

今度は、白いご飯と合わせて鶏肉の味噌焼きを作ってみようかと思います♪

広告


■■■ 【豚肉とたけのこの混ぜご飯おにぎり】レシピ ■■■

<材料> 2人分(4個)

豚こま切れ肉100g

ゆでたけのこ100g

しょうが1片

ごま油小さじ1

みりん・しょうゆ各大さじ2

砂糖小さじ1/2

温かいご飯320g

木の芽適量

<作り方> 調理時間15分ほど(ご飯の炊飯時間を除く)PT15M / 写真:半量

1.豚肉(100g)、たけのこ(100g)はそれぞれ細かく刻みます。しょうが(1片)はみじん切りにします。レシピ 男子ごはん 

(私は、おにぎりにしない為、具材をやや大きめに切りました)

※具材を細かく切ることで、ご飯と混ざりやすく、タケノコに味も入りやすい

2.フライパンを熱してごま油(小1)をひき、しょうがを弱火で炒めます。香りが出てきたら豚肉を中火で炒めます。

広告

3.豚肉に火が通ったらたけのこを加えて炒め、油が回ったらみりん、しょうゆ(各大2)、砂糖(小1/2)を加え、汁気が無くなるまでよく炒め粗熱をとります。 レシピ 男子ごはん

レシピ 男子ごはん

※汁気が無くなるまで炒めることで、具材に味が染み込み、ご飯がベタつくのを防ぐ

4.ボウルにご飯を入れて粗熱がとれた3の具材を加え、しゃもじで切るようにサックリと混ぜます。

4等分にしておにぎりを握り木の芽(適量)をのせて、【豚肉とたけのこの混ぜご飯おにぎり】の出来上がり レシピ 男子ごはん

◇◆◇∴‥◇◆◇∴‥◇◆◇∴‥◇◆◇∴‥◇◆◇∴‥◇◆◇∴‥◇◆◇∴‥◇◆◇

■■■ 【鶏ももの白みそ焼き】レシピ ■■■

<材料> 2人分

鶏もも肉1枚(約280g)

白みそ大さじ1.5

酒・みりん各大さじ1

砂糖小さじ1

小さじ1/4

サラダ油大さじ1/2

<作り方>

1.鶏肉(1枚約280g)は数か所切り込みを入れ、塩(小1/4)をすりこんで少し置きます。

出てきた水分をキッチンペーパーでふき取ります。 レシピ 男子ごはん

2.密閉袋に1の鶏肉、白みそ(大1.5)、酒・みりん(各大1)、砂糖(小1)を入れてよくもみ、そのまま1時間漬けおきします。 レシピ 男子ごはん

(私は、白みそに代わって合わせ味噌で作りました)

※密閉袋に入れてもみ込むことで、タレが中まで染み込みやわらかく仕上がる

3.フライパンを熱してサラダ油(大1/2)をひき、みそを軽くふき取った鶏肉を皮を下にして入れ、フタをして中火でじっくり焼きます。 レシピ 男子ごはん

4.焼き目が付いたら返して両面をしっかり焼きあげ、食べやすい大きさに切って、【鶏ももの白みそ焼き】の出来上がり レシピ 男子ごはん

●放送:裏返してからも、蓋をして蒸し焼きしていました。

レシピ 男子ごはん

●男子ごはんの放送を参考に、自分なりに作ってみました。


広告


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

↓