鶏と帆立のクリームシチュー




2012年1月22日(日)
テレビ東京

太一Xケンタロウ

男子ごはん

~クリームシチュー~

男子ごはんでは、【小松菜とベーコンの混ぜご飯】と合わせた【鶏と帆立のクリームシチュー】のワンプレート料理を作って紹介していました。

国分太一さんの「クリームシチューは、久しぶり」のコメントとと同じく、私も久しぶりかも。どうも、ご飯と合わない気がして(^_^;) でも、ケンタロウさんのこのレシピは、混ぜご飯と合わせて美味しそう♪

早速、作ってみたら、ちょっと焦がし気味で(^_^;) 茶色がかった仕上がりですが美味しい(^O^)/ ご飯に合って、これは主人にも好評(*^^)v ホタテに代わってエビで私は作ってみました。半量で作りましたが、少なめの2人分が出来ました♪

ケンタロウ流【鶏と帆立のクリームシチュー】レシピ

<材料> 2~3人分

鶏モモ肉…1枚
ホタテ貝柱…大3個 ※エビ・白身魚でも可
にんじん…1/2本
しめじ…1パック
玉ねぎ…1/2個
サラダ油…大さじ1
バター…大さじ1
薄力粉…大さじ3
牛乳…3カップ
塩・こしょう…各適宜

ケンタロウ流【鶏と帆立のクリームシチュー】【小松菜とベーコンの混ぜご飯】の作り方は、続きに書きました。
  ↓  ↓


<作り方> 写真:半量

1.にんじんは皮を剥き3~4mm厚さに輪切り、しめじは石づきを切り落として小房に分けます。

玉ねぎは縦薄切り、鶏肉は脂身を取り除いて3cm角に切ります。

ホタテ貝柱は、水気を拭いて半分か4等分に切ります。 

(私は、エビを代用。殻・背ワタを取り除きました)

2.フライパンを熱してサラダ油をひき、鶏肉は皮を下にして並べて強火で焼きます。

※フライパンで作ることで、ダマにならず簡単に作ることが出来る

鶏肉に焼き目がついたら玉ねぎを加えて炒めます。

玉ねぎが透き通ってきたらにんじん、しめじを加えて炒めます。 

3.しめじが少ししんなりしたら一旦火を止め、薄力粉とバターを加えて火を点け弱火で炒めます。

※具を炒めてから薄力粉を加えることで、ダマになるのを防ぐことが出来る

粉っぽさが無くなったら再び火を止め、牛乳を何回か分けて加え、そのつどよく溶き混ぜます。 
 


4.牛乳を加え終えたら強火にかけ、沸騰したら火を弱め、たまに混ぜながら5分煮ます。 


5.ホタテを加えて、さらに5分煮ます(私はエビ代用)。

とろみがついたら塩(小さじ1/2)を加えて混ぜます。味をみながら塩で調えます。 

6.【小松菜とベーコンの混ぜご飯】をよそったお皿に5を盛って、こしょうを振り 【鶏と帆立のクリームシチュー】の出来上がり

◇◆◇∴‥◇◆◇∴‥◇◆◇∴‥◇◆◇∴‥◇◆◇∴‥◇◆◇

【小松菜とベーコンの混ぜご飯】レシピ

<材料> 4人分

小松菜…1束
ベーコン…4枚
温かいご飯…茶碗4杯
サラダ油…大さじ1
バター…大さじ1
塩・こしょう…各適宜

<作り方> 写真:2人分弱くらい

1.小松菜は根元を切り落として2cm幅に切り、ベーコンは1cm幅に切ります。 

2.フライパンを熱してサラダ油をひき、ベーコンを強火で炒めます。

ベーコンがカリッとしてきたら、小松菜を加えて炒めます。

3.小松菜がしんなりしたら味をみながら塩、こしょうで味を調えます。

火を止めてバターを加えて混ぜます。 

※火を止めてからバターを混ぜることで、風味が残り油っぽさも軽減できる

4.ボウルにご飯を入れ、3の具材を加えてサックリ和えて【小松菜とベーコンの混ぜご飯】の出来上がり 

(味をみて薄ければ塩で調えます)

サブコンテンツ

このページの先頭へ

↓