簡単ベイクドチーズケーキ

cheesecake-h2009年4月18日(日)
テレビ東京
太一Xケンタロウ
男子ごはん

~ベイクドチーズケーキ~

 「男子ごはん」1周年記念の時に、栗原はるみ先生がゲスト出演されて、作った失敗しない【チーズケーキ】。

 

友人の誕生日に~と、久しぶりに作ってみました。砂糖は、あえて先日【桃ジャム】で使ったバニラビーンズの『バニラシュガー』で作ってみました。
【桃ジャム】NHK「あさイチ」レシピ

前回、少し焦がしたり、底のクラッカーがパラパラ・ボロボロと砕けて食べづらかったことをふまえて、きっちり材料を量り、丁寧に焼きました(上写真:焼き10分後くらい)。

しか~しっ!!切ったり、食べたり出来ないので焼き上がりが不安で不安で・・・未熟者は、ホールごとプレゼントは避けるべきでした(^_^;)

後日、『美味しい』と友人から連絡をもらってひと安心~~~!焼きたてはフワッフワ!冷めたらしっとり!と濃厚なチーズケーキ・栗原はるみ先生の超簡単!失敗なしの【簡単ベイクドチーズケーキ】のレシピは、続きに書きました。
↓  ↓

 

広告

栗原はるみ先生の【簡単ベイクドチーズケーキ】レシピ

<材料> 直径18cm丸型一台分
(写真15cm丸型。材料はクリームチーズのみ少なめ、他は同量です)

クラッカー・ビスケット・・・100g
(マリービスケットを使用しました)
バター・・・大さじ3

クリームチーズ・・・250g(200g使用しました)
グラニュー糖・・・1/2カップ(バニラシュガーを使用しました)
卵・・・2個
生クリーム・・・1カップ
薄力粉・・・大さじ3
レモン汁・・・大さじ1

広告

粉糖・・・適量

<作り方>
●クリームチーズとバターは常温に戻す。
●薄力粉は、ふるっておく。
●型にクッキングペーパーを敷く。
●オーブンは170℃に予熱する。

cheesecake-h1
1.クラッカーをビニール袋に入れ平らな所で叩く、または、すりこぎなど粗く潰す。

2.1にバターを入れ混ぜ合わせて、型の底にしっかり敷き詰める(写真右)。

*クリームチーズを作る*
3.ボウルにクリームチーズを入れ、ハンドミキサーで混ぜ柔らかくする。
※ハンドミキサーが無ければクリームチーズをチンすると良いcheesecake-h2

4.3にグラニュー糖を入れ、更にハンドミキサーで混ぜる。クリームチーズがペースト状になったら卵、生クリームを入れ、そのつどハンドミキサーで混ぜ合わせる。
●写真右:バニラシュガーです(詳細は【桃ジャム】で)

5.さらにレモン汁(写真右)と薄力粉を入れ、もったりととろみが出たら2の型に流し入れる。

6.クリームチーズのタネの表面を整え、少し上から型を落として中の空気を抜く。

7.170度のオーブンで約45分焼き、冷ましてから仕上げに粉糖を振る
(焼きたてはフワッフワ!型の高さを超えるほど膨らみました)
※30分過ぎ頃から、表面に焼き色がついてきますので、様子を見ながらアルミホイルを被せて下さい


広告


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

2 Responses to “簡単ベイクドチーズケーキ”

  1. はな より:

    教えてください!
    常温に戻すのはクリームチーズだけで大丈夫でしょうか?
    卵と生クリームは冷蔵庫から出した冷たいもので平気ですか?

  2. 三ツ星主婦 より:

    はなさん
    常温に戻すのは、クリームチーズと底に敷き詰める用のバターをやわらかくしておく必要があるようです。
    卵&生クリームについては、なんの指定も無かったと記憶していますが。
    栗原はるみさんのサイトに、ほぼ同レシピが掲載されているので、比較、ご検討されてみては、いかがでしょうか?
    ⇒http://www.yutori.co.jp/recipe/?_action=detail&recipe_id=16

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

↓