煮豚のチャーハン




2013年2月24日(日)
テレビ東京

太一Xケンタロウ

男子ごはん

~煮豚のチャーハン~

今日の男子ごはんでは、豚バラブロック肉で煮豚を作ってからの、【煮豚のチャーハン】を作って紹介していました。

予想よりも簡単そうだったので、早速作ってみました。中国の香辛料「五香粉」がないので、シナモン&生姜で私は作ってみました。

少しのシナモンでも、十分に香りのするもので・・・。残念ながら、あまり好みでは無かったですぅ(T_T)

 
個人的には、シナモン好きなんですがね(^_^;) いちおう、チャーハンに加える前の煮豚は、右写真のように仕上がりました。

栗原心平流【煮豚のチャーハン】レシピ

<材料> 4人分

豚バラ肉…200g
塩・黒こしょう…適量

ご飯…2合分
卵…1個
小松菜…1/2束
にんにく(みじん切り)…1片
しょうが(みじん切り)…1片
塩…小さじ1
煮豚の煮汁…大さじ1/2~1
サラダ油…適量

(A)
 しょうゆ…50cc
 みりん…50cc
 砂糖…大さじ1
 五香粉…小さじ1(または、八角)

栗原心平さんの【煮豚のチャーハン】の作り方は、続きに書きました。
  ↓   ↓


<作り方> 写真:豚バラ肉は約360g(放送:400~500gを使用に見えました)

*煮豚を作る*
1.豚バラ肉(200g)は塩、黒こしょう(各適量)で下味を付け、小さめのフライパンで、豚肉の全面にしっかり焼き目を付けます。 

※豚肉はブロックのまま調理することで、旨味を閉じ込めジューシーに仕上がり、表面をカリカリに焼くことで、香ばしさが加わる

2.(A)のしょうゆ(50cc)、みりん(50cc)、砂糖(大1)、五香粉(小1)を加えて煮詰め、豚肉に火を通します。

※五香粉(ウーシャンフェン)とは、シナモンや八角など数種類のスパイスを使用した中国の代表的な混合香辛料 

(私は、シナモンと生姜の薄切りを加えて煮てみました)

●放送では、蓋をして煮るとのことでした。 


*チャーハンを作る*

3.卵(1個)は混ぜておきます。小松菜(1/2束)は3cm幅に切ります。
2の煮豚は1.5cm角に切ります。

4.フライパンにサラダ油(適量)をひき、みじん切りのにんにく、しょうが(各1片)を炒め香りが立ったら、3の卵を入れて、火が通らないうちにご飯(2合分)も入れて絡めながらよく炒めます。

5.ある程度パラパラになったら、3の小松菜と煮豚を入れてさらに炒めます。 

6.2の煮豚の煮汁(大1/2~1)、塩(小1)で味を調えて【煮豚のチャーハン】の出来上がり。
 

※煮汁をチャーハンに使うことで、煮豚の味がご飯と馴染みやすくなる

●放送を見て、参考に作り方をあげました。

サブコンテンツ

このページの先頭へ

↓