帯広風 豚丼&夏野菜の浅漬け


2011年7月10日(日)
テレビ東京

太一Xケンタロウ

男子ごはん

~丼もの~

ケンタロウさんが男子ごはんで丼ものシリーズからスタミナ抜群!の【帯広風 豚丼】を作って紹介していました。

帯広風の豚丼とは、厚い豚肉を網焼きにし甘いタレに漬け込んだ丼ぶり。だそうです。

この出来上がりの見た目から、「生姜焼き」を口が想像しちゃって、パンチがなく甘いだけかな・・・と、少し物足りなさを感じました(^_^;)

付け合わせの浅漬けは、簡単でナスを省略して作りましたが、口の中をリセットしてくれて美味しかったです。

ケンタロウ流【帯広風 豚丼】【夏野菜の浅漬け】のレシピは、続きに書きました。
 ↓  ↓


ケンタロウ流!【帯広風 豚丼】レシピ

<材料> 2人分

豚肩ロース肉(しょうが焼き用)・・・5~6枚(約250g)
サラダ油・・・大さじ1/2
温かいご飯・・・2人分

(タレ)

 (a) 水・・・大さじ3
    しょうゆ、みりん・・・各大さじ1.5
    砂糖・・・小さじ1

<作り方>

1、豚肉は包丁の背で両面をたたき半分に切ります。タレの(a)を混ぜ合わせておきます。

※タレを合わせておくことで、肉を焦がさずに焼ける

2、フライパンを熱してサラダ油をひき、豚肉を並べて強火で焼きます。両面に焼き目をつけます。

(放送:ケンタロウさんは、焼き過ぎに気をつけて!とのこと)

3、(a)のタレを加えて、からめながら少し煮詰めます。

4、器にご飯を盛って3をタレごとのせて【帯広風 豚丼】の出来上がり

放送:右写真くらいタレがなくなるまで煮詰めていました。

◇◆◇∴‥◇◆◇∴‥◇◆◇∴‥◇◆◇∴‥◇◆◇∴‥◇◆◇

【夏野菜の浅漬け】レシピ

<材料>  3~4人分

セロリ、きゅうり、ナス・・・各1本
大葉・・・5枚
塩昆布・・・大さじ2~3
塩・・・2~3つまみ
おろししょうが、ごま油・・・各適宜

<作り方>   写真:1人分くらい

1、セロリはピーラーで皮を剥いて麺棒で叩き、一口大にちぎる。きゅうりも麺棒で叩いて一口大にちぎる。ナスは薄い半月切りにする。

(放送:セロリの葉も使ってました)

※麺棒で叩くことによって、味が染み込みやすくなる

2、ボウルに1を入れて塩を加えて手で揉む。そのまま2~3分おく。出てきた汁気をしっかり絞る。

3、2にちぎった大葉、塩昆布、おろししょうが、ごま油を加え、塩昆布の味が全体になじむよう混ぜる。

味がなじむよう冷蔵庫で冷やして【夏野菜の浅漬け】の出来上がり

●大葉・ナスを省略して作ってます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ

↓