四川風ピリ辛そうめん

レシピ 男子ごはん


2013年7月21日(日)
テレビ東京

太一Xケンタロウ

男子ごはん

~そうめん対決~

今日の男子ごはんでは、コウケンテツさんをゲストに迎えて栗原心平さんと「そうめん対決」をしていました。見事、ごちそう感のあるコウケンテツさんに軍配があがりました。

私も、夕飯にその【四川風ピリ辛そうめん】を早速作ってみました。下の素麺が見えないくらい鶏肉でボリュームがあって(^_^;)、食卓が素麺でも物足りない感じが、たしかにしませんでした(^_-)-☆  

肝心な味付けですが、ラー油、豆板醤の舌にくる辛さと、醤油の辛さで、「辛いだけ、辛い(>_<)」って感じかなぁ・・・放送よりかなりラー油、豆板醤を少なめにしましたが、我が家は砂糖を足しました。食べすすむと、トマトや温泉卵でだいぶ辛さが抑えられましたが。

素麺よりも、冷やし中華の方が合うように思いました。麺の上にのせずに、鶏肉をおかず、つまみとしていただくのもオススメ★鶏むね肉で、かつ皮を取り除いてという方法もヘルシーでいいかもしれません(^_-)-☆

コウケンテツ流【四川風ピリ辛そうめん】レシピ

<材料> 2人分

そうめん…2束
鶏モモ肉…小2枚
きゅうり…1本
香菜の葉、万能ねぎ(小口切り)、トマト…各適量
温泉卵 …2個

(a)
 ねぎの青い部分…1本
 塩…小さじ1/2
 酒…1/4カップ

(b) 
 しょうゆ、鶏のゆで汁…各大さじ3
 豆板醤、砂糖…各小さじ1
 白いりごま、酢…各大さじ1
 にんにくのみじん切り…1片
 ねぎのみじん切り…10cm
 ラー油 …好みでたっぷり

コウケンテツさんの【四川風ピリ辛そうめん】の作り方は、続きに書きました。【温泉卵】 の作り方も!
  ↓   ↓


<作り方> 写真:1/2量で2人分作りました

1.きゅうりm(1本)は細切りにする。トマト(適量)は横に切ってから、半月切りにします。

鶏肉(小2枚)は黄色い脂肪を切り、身に数本切り目を入れます。 


2.鍋に1の鶏肉と(a)のねぎの青い部分(1本)、塩(小1/2)、酒(1/4カップ)を入れ、鶏肉がかぶるくらいの水を加えて火にかけ、煮立ったらアクを取り、7~8分ゆでます。 

ゆで上がったら鶏肉を取り出してゆで汁を浸したペーパーをかぶせて冷ます。食べやすく切ります。

※鶏肉に茹で汁を浸したペーパーをかぶせることで、余熱で中まで火が通り、しっとりと仕上がる 

(右写真:クッキングペーパーを切らして、ティッシュで代用してますが)

3.フライパンにラー油(好みの量)を熱します。(放送:50ccくらいと大量に使ってました)

耐熱ボウルに(b)のしょうゆ、2の鶏のゆで汁(各大3)、豆板醤、砂糖(各小1)、白いりごま、酢(各大1)、にんにくのみじん切り(1片)、ねぎのみじん切り(10cm)をボウルに混ぜ、熱した熱々のラー油を加えて混ぜます。 

(私は、ラー油を大さじ1くらい)

4.そうめん(2束)を茹でて流水でもみ洗いし、水気をしぼります。
器にそうめんを盛り、きゅうり、鶏肉をのせてタレをかけ、香菜、小口切りした万能ねぎ(各適量)、トマト、温泉卵をのせて【四川風ピリ辛そうめん】の出来上がり。

※温泉卵で辛味が、緩和されます

●放送を見て、参考に作り方をあげました。

◇◆◇∴‥◇◆◇∴‥◇◆◇∴‥◇◆◇∴‥◇◆◇∴‥◇◆◇

上沼恵美子のおしゃべりクッキング・【温泉卵】

<作り方>

1.卵を常温に戻しておきます。

2.鍋に1リットルの湯を沸かし、沸騰したら火を消します。

水200mlを加えて約80度にし、常温に戻した卵をゆっくり入れ、蓋をして8分放置。

冷水に落として冷ましておきます。

(今回、冷水の用意など後手になった為、7分ほどであげました。) 

●以前、作った時の画像です(右写真)。

サブコンテンツ

このページの先頭へ

↓