和風麻婆豆腐




2012年7月15日(日)
テレビ東京

太一Xケンタロウ

男子ごはん

~和風マーボー豆腐~

男子ごはんでは、栗原はるみさんをゲストに迎えて、【和風麻婆豆腐】と、【タコの香味サラダ】 を作って紹介していました。

栗原はるみさんの レシピ本『ごちそうさまがききたくて』 にも掲載の 【タコの香味サラダ】 を進化バージョンで。とのことでした。

放送を見てて、美味しそう(*^。^*) 作る気持ちでいましたが、タコが手に入らずに断念。今日は、和風マーボー豆腐を作ってみました。我が家は、丼ぶりで。

ウチにある材料、調味料で作れるありがたいレシピでした! 食べやすい味付けのところも、嬉しい♪ 主人も慣れ親しんだ和風の味付けが、落ち着くようで、満足げでした。よかったぁ(^^ゞ 

栗原はるみさんの【和風麻婆豆腐】レシピ

<材料> 4人分

絹豆腐…2丁(約700g)
合い挽き肉…200g

(A) 
 長ねぎ…大さじ3(みじん切り) 
 しょうが…小さじ2(みじん切り) 
 にんにく…小さじ2(みじん切り)

赤唐辛子…2~3本分(小口切り)
サラダ油…大さじ2

(B)  
 だし汁…1.5カップ 
 しょうゆ…大さじ4~5 
 みりん…大さじ2 
 砂糖…大さじ1

(水溶き片栗粉)
 片栗粉・水…各大さじ1~1.5

ごま油…適宜
粉山椒…適宜

栗原はるみさんの【和風麻婆豆腐】の作り方、【タコの香味サラダ】のレシピは、続きに書きました。
  ↓   ↓


<作り方> 写真:1/4量くらい

1.豆腐はおよそ2�p角に切り、塩(分量外)を加えた熱湯で1~2分ゆで、ザルにあげます。 

2.(B)の調味料(だし汁、しょう油、みりん、砂糖)を鍋に合わせ、温めておきます。

水溶き片栗粉を作っておきます。 

※豆腐、合わせ調味料を温めておくことで、フライパンが冷めずに短い時間で仕上げられます

3.フライパンにサラダ油を熱し、(A)の香味野菜を炒めて香りが出たら挽き肉を炒めます。

4.3のフライパンに、2の(B)を入れて再び煮立ったら、水溶き片栗粉でとろみをつけ火を止めます。 

5.4に1の豆腐を加え軽く合わせ、赤唐辛子を加えます。

ごま油をまわしかけて風味をつけます。 

6.器に盛って、お好みで粉山椒をふり【和風麻婆豆腐】の出来上がり

◇◆◇∴‥◇◆◇∴‥◇◆◇∴‥◇◆◇∴‥◇◆◇∴‥◇◆◇

歯触り・苦み・甘みが絶妙で栗原はるみさんおすすめ!
【タコの香味サラダ】レシピ

<材料> 4人分

茹でだこの足…2本
せり…1束
かぶ…小2~3個
みょうが…1個
新しょうが…1片
青じそ…5枚
長ねぎ…1本
なす…3本

にんにくチップ…適宜
にんにく油…大さじ2
すだちポン酢…適宜 

(すだちポン酢) 作りやすい分量
みりん…1/2カップ
しょうゆ…1/2カップ 
だし昆布…5�p    
すだちの搾り汁…大さじ2

(にんにく油) 作りやすい分量
にんにく…2~3片
サラダ油…1/2カップ

<作り方>

*すだちポン酢を作る*
1.小鍋にみりんを入れて火にかけ、煮立ったら弱火で2~3分加熱しアルコール分をとばします。

火からおろし、しょうゆ、さっと洗って水気を拭いた昆布、すだちの搾り汁を加えます。

※保存する場合は、1~2日で昆布を取り出す

*にんにくチップを作る*
2.にんにく2~3片をスライスし、1/2カップのサラダ油で弱火でこんがり色づくくらいに揚げます。

※出来たにんにく油も保存して色々な料理に使用する

*サラダを作る*
3.せりは5~6�p長さに切り、かぶは茎を1�pくらい残して切り、皮を剥いて縦に5mm厚さの薄切りにします。

青じそは縦半分に切ってから千切りに、みょうが、新しょうがも千切りにします。

※ナスは必須。かぶに代わって大根でも可能
(とのことでした)

切った野菜を合わせて冷水に放してパリッとさせ、水気をよくきってビニール袋に移したら中に空気を入れ冷蔵庫で食べる直前まで冷やしておきます。

4.長ねぎは5�p長さの白髪ねぎにし、水にさらして水気をよくきります。

5.なすは3�p長さの輪切りにして、熱した揚げ油で軽く色づくくらいに素揚げし、油をよくきります。

(切ってから時間をおく場合には、水にさらしてから水気を拭いて揚げる)

※ナスは焦げ目がつくくらいが、オススメ

6.たこは薄切りにし、冷蔵庫に入れてよく冷やしておきます。

7.3の野菜、5の揚げなす、6のたこを合わせて器に盛り、4の白髪ねぎをのせます。

2のにんにく油を十分に熱して、ねぎの上からジュッとかけ、にんにくチップを散らし、1のすだちポン酢をかけて【タコの香味サラダ】の出来上がり

サブコンテンツ

このページの先頭へ

↓