ロコモコ

レシピ ロコモコ2014年4月6日(日)

テレビ東京

太一Xケンタロウ

~ロコモコ~

男子ごはんでは、新生活応援スペシャルということで、フライパン一つで出来る!【ロコモコ】を作っていました。

フライパン一つで出来る!のはありがたいですよねぇ(*^。^*)

ご飯にもソースにもこだわった心平流【ロコモコ】、生クリームのホワイトグレイビーソースも美味しそうでした!

実際に作ってみました!!

<感想>

早速、作ってみました。

ロコモコといったら、目玉焼きとハンバーグ。

その上、今回は、ご飯を「ごまピラフ風ご飯」にするなど、

フライパン大活躍のレシピです。

ちょっと、フライパン一つで作るのは、無理があるような・・・

と言うか、ハンバーグが焼き上がるまで、どんどんご飯が冷めてしまう(T_T)

ので、フライパンを2つお持ちなら、ご飯とハンバーグと同時並行。

ご飯がやや後から遅れて作って、丁度いいように思いました。

ちなみに、全体的に白っぽい仕上がりで、薄味に見えるかもしれませんが、

ハンバーグもソースも塩気が効いてます。

なので、思ったよりご飯がすすむワンプレートでした(^O^)/

仕上げにみじん切りの玉ねぎを添えます。

生のままなので、口臭を気にして私は控えめにしました。

でもでも、この生の玉ねぎが、食感・味といいアクセントになって良かったんです。

食後、翌日などに差し支えなければ、省かずにレシピ通り作ることをオススメします♪

広告


■■■ 【ロコモコ】レシピ ■■■

<材料> 2人分

生クリーム大さじ4

小さじ1/3

黒こしょう適量

2個

オリーブ油、適量

玉ねぎ(みじん切り)大さじ2

粒マスタード適量

(肉だね)

合挽き肉250g

玉ねぎ50g

パン粉大さじ2

牛乳大さじ2

薄力粉小さじ2

小さじ3/4

広告

黒こしょう適量

(ごまピラフ風ご飯)

温かいご飯丼2杯分

にんにく1片

白すりごま小さじ2

オリーブ油大さじ1

小さじ1/2

<作り方> 調理時間30分ほどPT30M / 合びき肉若干少なめ

*ハンバーグの種を作る*

1.ボウルに肉だねの合挽き肉(250g)、みじん切りした玉ねぎ(50g)、パン粉(大2)、牛乳(大2)、薄力粉(小2)、塩(小3/4)、黒こしょう(適量)を入れて手でよく混ぜ、キャッチボールをするようにしながらハンバーグ形にまとめ、真ん中をへこませます。レシピ ロコモコ
 

※手で粘りが出るまでしっかり混ぜることで、形がまとまりやすく肉汁を閉じ込めることが出来る

*ごまピラフを作る*

2.フライパンを熱してオリーブ油(大1)をひき、みじん切りしたにんにく(1片)を強火で炒め少し色づいてきたら温かいご飯(丼2杯分)を加えて切るようにほぐしながら強火で炒めます。
全体に油がまわったら白すりごま(小2)、塩(小1/2)を加え炒め合わせます。 レシピ ロコモコ

*目玉焼きを作る*

3.2のフライパンを熱して(油が足りなければオリーブ油を適宜足す)卵を1個ずつ割り入れて強火で焼き、好みの固さになったら取り出します。 レシピ ロコモコ

*ハンバーグを焼き仕上げる*

4.3のフライパンに1のハンバーグを入れてフタをして弱めの中火で焼き、焼き目が付いたら返して両面をじっくり焼きます。
両面をこんがりと焼いたら取り出します。 レシピ ロコモコ

※両面を焼き固めてから中火にして、徐々に火を通すことで生焼けを防ぐことが出来る

5.4のフライパンに生クリーム(大4)を加え、フライパンの底をこそぎながら中火で煮詰め、とろみが付いたら味をみて塩(小1/3)で調えソースを作ります。 レシピ ロコモコ

6.器に2のごまピラフ風ご飯を盛って、4のハンバーグをのせ、粒マスタード(適量)を塗って5のソースをかけます。
3の目玉焼き、みじん切りした玉ねぎ(大2)をのせて、【ロコモコ】の出来上がり

●男子ごはんの放送を参考に、自分なりに作ってみました。


広告


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

↓