親子丼

上沼恵美子のおしゃべりクッキングの親子丼
2015年5月18日(月)

テレビ朝日
上沼恵美子のおしゃべりクッキング

ゲスト:相川 七瀬さん
テーマ:なるほどクッキング(卵の使い方)


上沼恵美子のおしゃべりクッキングでは、卵の使い方ということで、【親子丼】 を作っていました。

卵を2回に分け入れて、2回目はほぼ生でOK!というふわとろに仕上がる親子丼です。

< 実際に作ってみました!! >

親子丼なら、すぐに作れるかと思って、
早速、作ってみました。

鶏肉の霜降りをする丁寧な作り方で(^_^.)
思ったより手間がかかりました。

でも、それだけに煮汁が澄んで、
鶏の臭みも気にならなかったです。

肝心のふわとろ卵は、あまり上手く出来なかったです(^_^メ)
ちょっと、かき混ぜ過ぎで、火を通し過ぎたように思います。
2回目の卵はもっと半熟に仕上げたかったし…

◆◇◆ 【親子丼】  ◆◇◆

━━━━━━━━━━━━━━━━━

食材の手軽さ ★★★

作りやすさ   ★★☆ 
調理の時間  ★★★

ボリューム感  ★★★

味の満足度  ★★★

━━━━━━━━━━━━━━━━━

味付けはよかったです!
主人にも「今日のは旨いねぇ」と、
思ったより好評価でなにより(*^_^*)

【親子丼】 のレシピは続きです♪

広告


■■■ 【親子丼】レシピ ■■■

<材料> 2人分

卵…4個

鶏もも肉…200g

玉ねぎ…1/2個

みつば…1/3束

粉山椒…適量

ご飯…適量

(煮汁)
だし…300ml

みりん…50ml

砂糖…大さじ1

しょうゆ…60ml

広告

<作り方>

1、鶏もも肉(200g)は筋を切って1.5cm角に切り、熱湯にくぐらせて水に落とし、水気を取ります。 上沼恵美子のおしゃべりクッキングの親子丼

※鶏肉は熱湯にくぐらせて霜降りにします。

2、玉ねぎ(1/2個)は繊維に沿って3mm厚さに切り、みつば(1/3束)は1.5cm長さに切ります。 上沼恵美子のおしゃべりクッキングの親子丼

 

3、鍋に煮汁のだし(300ml)、みりん(50ml)、砂糖(大1)、しょうゆ(60ml)を合わせて煮立て、1の鶏肉を加えて中火くらいで5分煮ます。 上沼恵美子のおしゃべりクッキングの親子丼

 

4、卵(4個)は溶きほぐします。

※なるほどポイントは、卵は少しコシを残して溶きます。

5、フライパンに玉ねぎ、3の鶏肉を入れて、煮汁を鶏肉が顔を出すくらいの量を入れて中火にかけます。 上沼恵美子のおしゃべりクッキングの親子丼

玉ねぎに火が通ったら卵の半量を流し入れ、外側から中心へ箸を動かし(火を通し)、みつばを入れ、卵に火が通ったら、残りの卵を加えて火を止め、半熟に仕上げます。 上沼恵美子のおしゃべりクッキングの親子丼

※卵は2回に分けて入れて半熟に仕上げます。

6、器にご飯(適量)を盛り、5をのせ、粉山椒(適量)を添えて【親子丼】 の出来上がり。 上沼恵美子のおしゃべりクッキングの親子丼

●上沼恵美子のおしゃべりクッキングの放送を参考に作ってみました。 


広告


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

2 Responses to “親子丼”

  1. しず より:

    親子丼。
    レシピを掲載して頂いて有り難うございます。
    自分が丼ものの中で一番好きなのが親子なのでとっても嬉しいです。
    鶏肉を霜降りにするなんて、とても丁寧ですね。鶏肉が苦手な方も少し食べやすくなるのではないかしら♪
    あとから卵を加えて、火の通った卵とトロトロの卵と二つの食感と味を楽しめるのもいいですね。
    東京、日本橋の人形町にある人気のお店「玉ひで」みたいと思いました。
    お店には行ったことないですけれどね。
    週末のお昼ご飯に作ってみようと思います。
    実際に作ってくださり、感想も書いて頂いているので、とても参考になります。
    お忙しいのに本当に有り難うございます。

  2. 三ツ星主婦 より:

    しずさん
    こちらこそ、コメントをくださってありがとうございます。
    そうなんです、鶏肉を霜降りする丁寧な作り方なんです。
    >東京、日本橋の人形町にある人気のお店「玉ひで」みたいと思いました。
    そうですよねぇ~私も行ったことがありませんが、とろとろの親子丼で有名なお店ですよね。
    残念ながら、私はそんな風には作れなかったですが、しずさんは「玉ひで」さんみたいに作られるといいですねぇ!!
    またのコメントをお待ちしております♪

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

↓