炙りだこのわさび和え

レシピ 上沼恵美子のおしゃべりクッキング


2013年8月2日(金)
テレビ朝日

上沼恵美子のおしゃべりクッキング

テーマ”夏の魚介”
ゲスト:加藤晴彦さん

上沼恵美子のおしゃべりクッキングでは、”夏の魚介”というテーマで、【炙りだこのわさび和え】を紹介していました。

タコをあぶって、まさに「たこ焼き」!ウチには網がなくて、無理くり炙った感じですが作ってみました(^_^;)

加藤晴彦さんのコメント通り!炙ったことで、ぐっと重みがでていい副菜に仕上がってます。わさびドレッシングを味見をした時は、「油っぽいかな」と思いましたが、和えて冷蔵庫で馴染ませたら、お酢でちょうどいい感じになってました。

炙ったタコ&わさびの香りや、水菜&長いものぬめりと食感も楽しめました。わさびの苦手な主人用に「ポン酢」でも和えましたが、サッパリ!と、これもよかったです♪

【炙りだこのわさび和え】レシピ

<材料> 2人分
    
ゆでだこ(足)…2本(かなり大きめのでした)
長いも…50g
みょうが…2個
水菜…1/2束
わかめ(乾)…2g
塩…適量

(わさびドレッシング)
おろしわさび…大さじ1
酢…大さじ2
しょうゆ…大さじ2/3
塩…小さじ1/4
油…大さじ3

【炙りだこのわさび和え】の作り方は、続きに書きました。
  ↓   ↓

広告

広告


<作り方> 写真:ゆでだこ(小)1本。ドレッシング1/4量ほど

1.ゆでだこ(2本)の足の水かきを取り、薄く塩(適量)をふり、網にのせて強火の直火で焼き、7~8mmのそぎ切りにし、片面に2~3ヶ所の切り込みを入れます。 

※たこは強火であぶって香ばしさをつける。

(私は、網が無いのでトングで直火にかざすという方法で焼きました) 

 

※切り込みを入れることで、ソースの絡みがよく、食べ応えを残しつつ やわらかくもなる

2.長いも(50g)は2cm幅、4cm長さの短冊切りにし、みょうが(2個)はせん切りにします。

水菜(1/2束)は3cm長さに切り、わかめ(2g)は水で戻して食べやすく切ります。 

3.わさびドレッシングのおろしわさび(大1)、酢(大2)、しょうゆ(大2/3)、塩(小1/4)、油(大3)を混ぜ合わせます。 

4.ボウルにたこ、長いも、みょうが、水菜、わかめを3のドレッシングで和え、器に盛って【炙りだこのわさび和え】の出来上がり

●放送を見て、参考にしながら作り方をあげました。


広告


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

↓