エビの卵炒め丼

レシピ 上沼恵美子のおしゃべりクッキング2014年2月18日(火)
テレビ朝日

上沼恵美子のおしゃべりクッキング

テーマ”簡単スピードメニュー”

上沼恵美子のおしゃべりクッキングでは、”簡単スピードメニュー”ということで、【エビの卵炒め丼】を紹介していました。

「小えびだけど、すごくえびの香りがしておいしい。これは女性が喜びますね」と上沼恵美子さんのコメントが気になります!

出来上がってからかける「たれ」で味が決まりますが、具の1つ「ザーサイ」もポイントになる丼ぶりレシピです。

実際に作ってみました!!

<感想>
子供の頃につまみ食いをして、「大人のつまみ」と思って以来、久しぶりのザーサイでした。
月日が経って、味の分かる年齢になってました(笑)

「美味しいですぅ!(^^)!」

個人的には、もう少しザーサイの量が多めでもいいくらいに思いました。

ちなみに、丼ぶりにご飯を盛った後に卵を加熱するべきでした。
卵は、火の通りが早いですね。

出来上がってから、丼ぶりにご飯を盛り付けてちょっと遅かったです(^_^;)
もう少し、卵がトロトロの状態で仕上げたかったぁ・・・
でも、主人にも好評で良かったです(*^。^*)

広告


■■■ 【エビの卵炒め丼】レシピ ■■■

<材料> 2人分

むきえび16尾(90g)
4個
玉ねぎ50g
ザーサイ(味つき)15g
万能ねぎ2本
ご飯適量
適量
こしょう適量
片栗粉適量
適量

(卵の下味)
小さじ1
小さじ1/3
こしょう適量
ごま油小さじ1

広告

(たれ)
しょうゆ大さじ1
砂糖小さじ1
小さじ1
大さじ1

<作り方> 調理時間20分ほどPT20M /  写真:若干少なめ


1.むきえび(16尾90g)は背わたを取り、塩、片栗粉、水(各適量)でもみ洗いし、流水ですすいで水分を取り、塩、こしょう(各適量)で下味をつけます。 レシピ 上沼恵美子のおしゃべりクッキング

●放送:エビの大きさは、食べやすい小さめのサイズでOK!とのことでした。 

(写真:もみ洗いで汚れている状態です)

2.ザーサイ(15g)は粗く刻み、玉ねぎ(50g)はみじん切りにし、万能ねぎ(2本)は小口切りにします。 レシピ 上沼恵美子のおしゃべりクッキング
 

3.たれのしょうゆ(大1)、砂糖(小1)、酢(小1)、水(大1)を合わせます。

4.卵(4個)に卵の下味の酒(小1)、塩(小1/3)、こしょう(適量)、ごま油(小1)を加えて溶きほぐします。
(私は、卵3個で作りました) レシピ 上沼恵美子のおしゃべりクッキング
 

※卵に調味料を入れてから溶きほぐすことで、溶きすぎを防ぐ

●放送:箸でつまむと少し白身がひっかかる程度に溶きほぐす。とのことでした。

5.鍋に油(大1)を熱し、1のえびを加えて中火で炒め、色が変わったら玉ねぎ、ザーサイを加えて強火で炒めます。 レシピ 上沼恵美子のおしゃべりクッキング
 

6.5の鍋に4の卵を加え、ゆっくり混ぜながら火を通し、卵が半分くらい固まったら、万能ねぎを加えます。 ご飯の上に盛り、3のたれを添えて、【エビの卵炒め丼】の出来上がり レシピ 上沼恵美子のおしゃべりクッキング
 

※卵の底が固まってきたら混ぜる

●上沼恵美子のおしゃべりクッキングの放送を参考にして、自分なりに作ってみました。


広告


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

↓