ぶりの照り焼き




2012年11月23日(金)
テレビ朝日

上沼恵美子のおしゃべりクッキング

テーマ”簡単スピードメニュー”

おしゃべりクッキングでは、”簡単スピードメニュー”ということで、魚料理の定番!【ぶりの照り焼き】を紹介していました。

温泉玉子がのるところがポイント!卵が割れてしまって、ぶりが見えない仕上がり写真になりましたが・・・(^_^;)  【ぶりの照り焼き】をたしかに作りました(笑)

タレを煮詰め過ぎたみたいで、だいぶ濃いめの味付けでした(^_^;) 温泉玉子と一緒に食べることで、ちょうどいいくらい。ご飯のすすむひと品でした(*^。^*)

温泉玉子もいいですが、付け合わせの長ネギもいいですねぇ~いい箸休めになりました♪

【ぶりの照り焼き】レシピ

<材料> 2人分
    
ぶり…2切れ(200g)
長ねぎ…1本
青ねぎ…1本
温度卵(温泉卵)…2個
塩…適量
小麦粉…適量
油…適量

(たれ)
酒…大さじ2と2/3
みりん…大さじ2と2/3
しょうゆ…大さじ2と2/3
砂糖…小さじ1
しょうが汁…小さじ2

【ぶりの照り焼き】の作り方は、続きに書きました。
  ↓   ↓

広告


<作り方> 写真:半量の1人分

1.ぶりは薄く塩をふって5分置きます。 

広告

2.長ねぎは細かく切り込みを入れて3cm長さに切り、青ねぎは斜め薄切りにします。 
 

(私は、青ネギを長ネギの青い部分で代用)

3.1のぶりに小麦粉をまぶし、フライパンに油を熱して、ぶり(放送:皮目から)、2の長ねぎを加えて中火で焼きます。

ぶりは焼き色がついたら返して、両面を香ばしく焼きます。長ねぎは、途中で取り出します。 

※ぶりに小麦粉をまぶして、たれをからみやすくする。

4.3のフライパンの温度を下げ、たれの酒、みりん、しょうゆ、砂糖、しょうが汁を加えて中火で1/3量になるまで煮つめます。 

●放送:濡れ布巾の上にフライパンをのせて、温度を下げてました。
⇒私は、1分~1分半ほど火を消して、温度を下げてからタレを加えました。

※たれを加えたら、焦がさないように中火で煮つめる。


長ねぎを戻し入れて、たれと絡めます。 

※たれをスプーンなどでかけながら煮詰めると、照りがつきやすくなる。

(右写真:長ネギを戻し入れ忘れてます)

5.器にぶりと長ねぎを盛り、温度卵、青ねぎをのせて【ぶりの照り焼き】の出来上がり


広告


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

↓