あさりの卵とじ丼

レシピ あさりの卵とじ丼 
2014年3月27日(木)
テレビ朝日

上沼恵美子のおしゃべりクッキング

テーマ”春の魚介”
ゲスト:錦野旦さん

今日の上沼恵美子のおしゃべりクッキングでは、”春の魚介”ということで、【あさりの卵とじ丼】を紹介していました。

「薄味に見えるけど、あさりの旨みがすごく出てます。おいしいですね。」と上沼恵美子さんがコメントしてる間にも、ゲストの錦野旦さんは丼ぶりを平らげてしまうほど美味しかったようです。

スーパーでも、粒の大きなあさりが出回ってますよねぇ。旬のこの時期に、ぜひとも食べたい丼ぶりレシピです♪

実際に作ってみました!!

<感想>
早速、作ってみました。
あさりの砂抜きの時間を省けたら、スピード簡単メニューです!

思った以上に、やさしい薄味でおいしーーーっ。
卵の淡い黄色が、「春」を思わせるような丼ぶりに仕上がりました。

でも、上沼恵美子さんのコメント通り!
あさりのコクがしっかり出てて、物足りなさを感じさせません。

若干、汁気が多めで、つゆだくっぽくなりましたが、
あさりのエキスたっぷりのお汁なので、サラサラと流し込めそう(^_^.)
それだけ、食べても胃に負担の少ないあさりの丼ぶりで、美味しかったです(*^。^*)

広告


■■■ 【あさりの卵とじ丼】レシピ ■■■

<材料> 2人分

あさり400g
油揚げ1枚
青ねぎ1本
ご飯適量
だし200ml
大さじ3と1/3
みりん大さじ2
しょうゆ大さじ1
3個
もみのり適量
適量

広告

<作り方> 調理時間15分ほどPT15M / 写真:あさり300g


1.あさり(400g)は約3%の塩水(適量)につけ、薄暗いところに1~2時間置いて砂抜きし、殻をこすり合わせて洗います。

2.油揚げ(1枚)は4cm長さ、3mm幅に切り、青ねぎ(1本)は斜め薄切りにします。 レシピ 上沼恵美子のおしゃべりクッキング
 

(私は、長ネギ、小ねぎを使用しました)

3.フライパンにあさり、酒(大3と1/3)、だし(200ml)を入れて蓋をし、中火にかけて蒸し、殻が開いたらペーパータオルを重ねたザルに上げて蒸し汁を漉し、あさりの身を殻から取り出します。 レシピ 上沼恵美子のおしゃべりクッキング

 
※あさりの蒸し汁は漉す

4.3の蒸し汁にみりん(大2)、しょうゆ(大1)を入れ、油揚げを加えて中火でサッと煮ます。 レシピ 上沼恵美子のおしゃべりクッキング
 

レシピ 上沼恵美子のおしゃべりクッキング 

5.4に溶き卵(3個)の2/3量を入れ、あさり、青ねぎを加え、(少し中央に寄せて卵に火が通ったら)残りの溶き卵を加えて半熟に仕上げます。 レシピ 上沼恵美子のおしゃべりクッキング
 

※溶き卵は2回に分けて入れ、半熟に仕上げる

6.器にご飯(適量)を盛り、5をかけてもみのり(適量)を散らして、【あさりの卵とじ丼】の出来上がり

●上沼恵美子のおしゃべりクッキングの放送を参考にして、自分なりに作ってみました。


広告


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

↓