鶏のから揚げ

レシピ 鶏のから揚げ2014年3月26日(水)
テレビ朝日

モーニングバード!
プロ技キッチン

今日のモーニングバード!プロ技キッチンのコーナーでは、コウケンテツさんが、肉汁たっぷり!の【鶏のから揚げ】を紹介していました。

お花見シーズン・お弁当に、食卓でメインおかずにと、大人気の鶏のから揚げ!

カリッとジューシーに揚げたいですよね!「下味・衣・揚げ油」それぞれにポイントがあります♪

実際に作ってみました!!

<感想>

揚げもの…苦手なんですよねぇ(^_^;)
でも、【鶏のから揚げ】は、主人も私も大好きなので挑戦してみました!

なかなか、いい色に揚がりましたぁ(*´∇`*) よかったぁ
コウケンテツさんが「皮」を強調していたので、
注意しながら、皮で身を包み込むように作りました。

おかげで、身がジューシーでした!
そして、皮がカリッとうまい!!
もう、ビールが2杯くらいいきそうです(笑)

鶏肉に触れずに、じっくり4分ちかく皮を揚げた効果ですね。
お店のようにカラッと揚がって、ジューシーで、大満足でした\(^o^)/

広告


■■■ コウケンテツ流の肉汁たっぷり!【鶏のから揚げ】レシピ ■■■

<材料> 4人分

鶏もも肉2枚(1枚約300g) 
小麦粉適量

(合わせ調味料) マイボトル
しょう油・酒各大さじ2
おろしショウガ1片分
ゴマ油小さじ1

<作り方> 調理時間30分ほどPT30M / 写真:半量


1.鶏もも肉(2枚(1枚約300g)は皮をしっかりと伸ばして、皮目を下にして1枚肉を5~6等分に切り、合わせ調味料のしょう油・酒(各大2)、おろしショウガ(1片分)、ゴマ油(小1)を揉み込み15分常温で置きます。 レシピ 鶏のから揚げ
 

広告

※15分漬けこむと、肉の中まで味が染み込み、ジューシーに揚がる

(短いと味が染み込まず、15分を過ぎるとパサつきやすくなる)

2.漬け込んだ肉に小麦粉(適量)をもみ込み(下味のタレがなくなるくらい)、肉の皮を伸ばして1個ずつ皮で肉を包み込むようにして(形を整えて)、さらに小麦粉(適量)をつけます。 レシピ 鶏のから揚げ

⇒やさしく扱っても、皮が離れそうになったり、縮んだりしました(写真右)。

レシピ 鶏のから揚げ 
⇒1個ずつ丁寧に広げて、小麦粉を全体に成形しながらつけました(右写真)。

※最初の小麦粉でうま味を染み込ませ、2度目の小麦粉で衣付けする(2度衣)

3.フライパンに肉が半分浸かる程度の油を熱し、皮目を下にして入れ揚げ約4分間、肉を動かさず揚げます(170~180℃)。 レシピ 鶏のから揚げ

 
※動かすと皮が剥がれ、うま味や肉汁が流れ出るので注意!

4.皮目がこんがりキツネ色になったら、肉を返し、油をかけながら(さらに、4分ほど)揚げます。
強火にし、から揚げを時々持ち上げながら1分ほど揚げまます。 レシピ 鶏のから揚げ
 

※皮のパリパリ感を保つため 皮目を上にして取り出して下さい

5.お皿にから揚げを盛り付けて、お好みでコショウをふりかけ、レモン(分量外)を添えたら、【鶏のから揚げ】の出来上がり

●モーニングバード!を参考にして、自分なりに作ってみました。

【グリーンピースごはん】と合わせてた夕飯です(写真右)。レシピ 鶏のから揚げ

かために茹でたグリンピースの歯ごたえが、丁度いい!
以前、TV番組で紹介された山瀬まみさんのレシピです。

(鞘つきで作るレシピですが、今回は私は鞘なしで作りました)

レシピ 鶏のから揚げ


広告


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

2 Responses to “鶏のから揚げ”

  1. ピヤノ より:

    90点
    「ジューシーで、美味しい」と初めて
    唐揚げ褒められて
    滅茶苦茶うれしいぽ

  2. 三ツ星主婦 より:

    ピヤノさん
    おぉぉぉ\(^o^)/
    90点は最高なんじゃないですかぁ???
    すごい、料理の腕が上がってきたんですね、きっと!
    日頃の積み重ねが結果となって表れて、ますます料理が楽しくなってきたんじゃないでしょうか(^_-)-☆
    100点満点もそう遠くなさそうですね!(^^)!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

↓