棒餃子

レシピ 棒餃子2014年2月26日(水)
テレビ朝日

モーニングバード!
プロ技キッチン

今日のモーニングバード!プロ技キッチンのコーナーでは、コウケンテツさんが、パリッとジューシー!な【棒餃子】を紹介していました。

餃子の皮を3枚使って、棒状に包みます。重ねることで肉汁を逃がさない!というところがポイント。

とんかつ用の肉を使うことでジューシーに食感も楽しむ、コウケンテツさん渾身の餃子レシピとのことです。

実際に作ってみました!!

<感想>
見た感じは、放送のように棒状に無事作れました。
3枚を使って横幅に長い餃子なので、ボリュームがありますね。

でも長い分、少々食べづらかったです。
お皿の上で半分くらいに切ってから、口へ運んだ方が安心でした(^_^;)

お味ですが、思ったほどジューシーじゃなく残念(T_T)
肉汁が逃げた様子もありませんでした。

放送では、脂身の多い肩ロース肉で作っていました。
私は比べると脂身が少ない豚肉でした。だからかなぁ・・・
どちらかと言うと、「ギュッ」とかたく感じて、ジューシーさに欠けました。

「新しい餃子」と出演者の方たちがコメントしていましたが、
そうですねぇー白菜やキャベツが入らないので、より肉っぽさがありました。


■■■ コウケンテツさんのパリッとジューシー!【棒餃子】レシピ ■■■

<材料> 5本分

餃子の皮15枚
とんかつ用ロース肉200g
ニラ2/3束
長ネギ1/2本
ショウガ1片
シイタケ小2個
油・ゴマ油各大さじ1

(合わせ調味料) マイボトル
酒・しょう油、ゴマ油各大さじ1と1/2
塩・粗挽きコショウ各少々

<作り方> 調理時間25分ほどPT25M / 写真:3本分

*下ごしらえ*
1.ニラ(2/3束)は小口切り、シイタケ(小2個)、長ネギ(1/2本)、ショウガ(1片)はみじん切りにします。
トンカツ用ロース肉(200g)は細切りにしてから包丁を2本使い、粗いひき肉にします。 レシピ 棒餃子
 

※トンカツ用ロース肉を使うことでジューシーに仕上がり、肉だねを冷蔵庫で冷やす必要はありません

2.ボウルに1の豚肉、合わせ調味料の酒・しょう油、ゴマ油(各大1と1/2)、塩・粗挽きコショウ(各少々)を加えて白くなって粘りがでるまで揉み込みます。 レシピ 棒餃子
 

※お肉に調味料を先に揉み込むことで、赤身と脂肪に一体感が出て、肉がジューシーに仕上がる

3.2に1の野菜を加え混ぜ合わせ、最初は揉むように混ぜ合わせ、肉と野菜が馴染んできたら、指を広げるようにして混ぜ合わせます。 レシピ 棒餃子
 

※指を広げるようにして混ぜ合わせることで、肉と野菜の混ぜムラがなくなり均等に混ざり合う

4.餃子の皮を2枚横に並べたら、その上にもう1枚皮を置き、皮の重なった部分に水を塗り3の肉だねをのせます。皮の周囲に水をつけて、上下の皮を合わせてつけて、最後に両端を折りたたんで、しっかりと閉じます。餃子の皮15枚で5本作ります。 レシピ 棒餃子
 

レシピ 棒餃子 

*仕上げる*
5.油をひいたフライパンに4の餃子をならべて、パチパチとしてきたら水(1/2カップ)を入れ、フタをして中火で4分蒸し焼きにします。 レシピ 棒餃子
 

6.蒸し上がったら、フライパンの中の水分を拭き取り、鍋肌からゴマ油(大1)を入れます。 餃子の上にお皿を乗せて、フライパンごとひっくり返したら、【棒餃子】の出来上がり レシピ 棒餃子
 

※最後にごま油を加えることで、パリッパリに仕上がる

●モーニングバード!を参考にして、自分なりに作ってみました。

サブコンテンツ

このページの先頭へ

↓