夏野菜丼

レシピ モーニングバード


2013年8月21日(水)
テレビ朝日

モーニングバード!

プロ技キッチン

モーニングバード!のプロ技キッチンのコーナーでは、片岡宏之さんがイタリア風の【夏野菜丼】を紹介していました。

具材をわりと大きめに切って、弱火で煮込み、甘さを出き出すところがポイントでした。

作ってみたら、食べ応えと野菜の味を味わうという意味で大きめに切って正解!しょう油&ウスターソースを加えることで、ご飯にも合うような仕上がりになりました。

ベーコンに代わってソーセージで作りましたがこれも良かったです!肉類が入ることで旨味がプラスされて、野菜だけでは物足りなくなりそうな丼ぶりも大満足でした(^O^)/

上写真:奥 【ニンニクと夏野菜のスタミナグラタン】レシピはこちらです。(はなまるマーケット放送紹介)

イタリア風【夏野菜丼】レシピ

<材料> 2人分
 
ピーマン…2個
赤パプリカ…1個
タマネギ…1/2個
ズッキーニ…1/2本
ナス…1本
シイタケ…2個
ニンニク…1片
ベーコン(厚切り)…90g

ローリエ…1枚
塩・コショウ…各少々
しょう油…小さじ3
ウスターソース…小さじ2
タバスコ…少々
オリーブオイル…大さじ2

A(マイボトル)
ホールトマト…500g
ブイヨンスープ…100cc

(トッピング)
パルメザンチーズ、パセリ…お好みで

片岡宏之さん家の【夏野菜丼】の作り方は、続きに書きました。
  ↓   ↓

広告


<作り方> 1/2量弱ほどで2人分に十分でした

1.ピーマン(2個)・赤パプリカ(1個)・ナス(1本)・タマネギ(1/2個)・ズッキーニ(1/2本)・シイタケ(2個)は大きめの角切りにします。

広告

ニンニク(1片)はみじん切り、ベーコン(90g)は短冊切りにします。 

※野菜は大きめの角切りにすることで、トマトの酸味に負けず、形を統一させることで、各野菜の甘みが味わえる。

(私は、ベーコンに代わってソーセージを代用。オレンジ色のパプリカも追加しました)

2.ナスに塩(少々)をふりアク抜きをし、2分ほどしたらペーパーで水気を拭き取ります。

フライパンにオリーブ油(大1)をひき、中火でなすに焼き色をつけます(片面2分)。

●放送:放送でナスは半月切りでしたが、私は細めのナスの為、輪切りにしました。 

※ナスは実が柔らかく、ほかのシャキッとした食感の野菜と一緒に食べると味が負けてしまいます。焼き目をつけることで食感が引き立ち、ナスの甘みがより感じられ、香ばしさも増します。

(私は、若干焦げ気味な感じにもなりました。放送では、写真右側くらいの焼き目でした。)

3.鍋にオリーブ油(大1)をひき、ニンニクを1分炒めた後、残りの野菜とベーコン、塩・コショウ(各少々)を入れ5分炒めます。。 

4.鍋にAのホールトマト(500g)、ブイヨンスープ(100cc)、ローリエ(1枚)を加え入れ、弱火で15分煮込みます。 


※ブイヨンスープを加えることで、ホールトマトの酸味をまろやかにし甘みを引き立てる

5.焼き色を付けたナスを戻し入れ、しょう油(小3)、ウスターソース(小2)を加えてコクを出し、タバスコ(少々)の辛みで味を引き締めます。

ご飯をよそったお皿に盛りつけし、お好みでパルメザンチーズ、刻んだパセリをふりかけて【夏野菜丼】の出来上がり 

●放送を見て、参考にしながらブログをアップしました。


広告


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

↓