夏の野菜炒め

レシピ モーニングバード!野菜炒め


2013年8月14日(水)
テレビ朝日

モーニングバード!

プロ技キッチン

モーニングバード!のプロ技キッチンのコーナーでは、柳原尚之さんが【夏の野菜炒め】を紹介していました。

野菜炒めといっても、肉みそと煮絡めて「炒め煮」でした。作ってみたら、長いものとろみもあって、具材と肉みそがよく絡まっておいしい~~~\(^o^)/ 甘辛くてご飯がすすむ味付けで好評でした(^O^)/

色合いもいいですが、ナスのとろっ、ピーマンのシャキとした食感に、長いものサク&ほくっとした歯応えで食感も楽しめるおかずでした♪ ちなみに半量ほど作りましたが、結構なボリュームになりました。

【夏の野菜炒め】レシピ

<材料> 4人分
 
ナス…2本
ピーマン(赤・緑)…各1個
長芋…100g
厚揚げ(小) …1枚

白ゴマ…大さじ1と1/2
白髪ネギ…適量
一味唐辛子…少々
サラダ油…適量
ダシ…100cc

肉みそ(マイボトル)
鶏ササミ…2本
赤みそ…50g(私は、合わせ味噌)
砂糖…大さじ4
酒…大さじ1

柳原尚之さん家の【夏の野菜炒め】の作り方は、続きに書きました。
  ↓   ↓

広告


<作り方> 1/2量弱ほど

*肉みそ(マイボトル)を作る* 
1.鶏ササミ(2本)を包丁で叩きミンチにします。

※鶏ささみをミンチにすることで、さっぱりと仕上がる

2.鍋にみそ(50g)、砂糖(大4)、酒(大1)を入れて合わせてから、強火でツヤが出るまで練ります。 

(私は、赤みそに代わって合わせ味噌を使用。砂糖を少し減量しました)

3.みそにツヤが出たら、一度火を消して鶏ササミを入れ、余熱で混ぜ合わせてから再び火にかけ、鶏肉に完全に火を通します。 

広告

※火を消して混ぜる「陸混ぜ(おかまぜ)」と言う日本料理の技術で、鶏肉がダマにならず、キレイに混ぜることができる

※肉みそは、キュウリや冷奴にと使えます。冷蔵庫で1~2日、冷凍庫で1週間くらい保存可能。

*具材の下ごしらえ*
4.ナス(2本)は縦2等分にし皮目に1.5cm幅に切り込みを入れてから斜め切りにします。ピーマン(赤・緑:各1個)は斜め切りにし、長芋(100g)は乱切りにします。

厚揚げ(小1枚)は、沸騰したお湯に10秒ほど入れ、油抜きをします。布巾で水気を取ったら、幅1�pくらいの食べやすい大きさに切ります。 

※ナスは切り込みを入れることで、火の通りが早く、紫色がキレイに残る

5.白ごま(大1と1/2)は、軽くフライパンで煎ってから布巾の上に乗せ、包丁で叩きながら切り切りゴマにします。 


※切りゴマにすることで、香りを高めることができる


*仕上げる*

6.フライパンに油(適量:大2と1/2くらい)をひき、ナスを皮目から炒めます。 

ナス全体に油が回ったら、長芋・ピーマンを入れて炒めます。

野菜に焼き色がついたら、厚揚げを入れます。 

7.ダシ(100cc)・肉みそを加え少し煮詰まってきたら、ゴマ(1/2量)を加えます。 
 

※ダシを加えて炒め煮することで、夏野菜が美味しくなる!

8.汁気が飛んでツヤが出てきたら、皿に盛り付けて残りのゴマ、白髪ねぎ(適量)、一味唐辛子(少々)をトッピングして【夏の野菜炒め】の出来上がり

●放送を見て、参考にしながら作り方をあげました。


広告


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

One Response to “夏の野菜炒め”

  1. 道志村村長選挙 より:

    道志村村長選挙です。
    いつも、ブログを読ませてもらってます。
    また、読みに来ます。
    道志村村長選挙でした。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

↓