和風おろしハンバーグ

レシピ 和風おろしハンバーグ2014年6月18日(水)

テレビ朝日

モーニングバード!

プロ技キッチン

モーニングバード!プロ技キッチンのコーナーでは、コウケンテツさんが、【和風おろしハンバーグ】を紹介していました。

今回は、ハンバーグが丸い形のところがポイントです!

蒸し焼きして、ふわふわ食感のハンバーグに仕上げます。

■■■ コウケンテツさんの【和風おろしハンバーグ】レシピ ■■■

<材料> 2人分

(肉だね)

合いびき肉250g

タマネギ1/4個

1個

パン粉1/3カップ

豆乳大さじ4

小さじ1/2

カレー粉・粗びきコショウ各少々

(和風ソース)

しょう油・みりん・酒・水各大さじ2

砂糖小さじ2

(付け合わせなど)

ワケギ適量

ダイコンおろし100g

おろしショウガ大さじ1

サラダ油大さじ1

◆ 実際に作ってみました!! ◆

━━━━━━━━━━━━━━━━━

食材の手軽さ ★★★

作りやすさ   ★★★

調理の時間  ★★★

ボリューム感  ★★★

味の満足度  ★★★

━━━━━━━━━━━━━━━━━

星3つですーっ!がならびました!(^^)!

食材は、気軽に買い揃えられるものばかり。

今回ハンバーグをドーム型に成形します。

若干、火の通りが心配なところがありますが、

料理の詳細、感想はあとがきで♪

 

広告


<作り方> 調理時間25分ほどPT25M / 写真:挽き肉(若干少なめ220g)

*下ごしらえ*

1.ボウルにパン粉(1/3カップ)、豆乳(大4)、塩(小1/2)、カレー粉・粗びきコショウ(各少々)を合わせてつなぎを作っておきます。 レシピ 和風ハンバーグ

※パン粉をふやかしておくことで、肉との絡みが良くなり、つなぎの効果が高まる

広告

※豆乳を使うことで、保水性が高くジューシーに焼き上がる


2.1のボウルに合いびき肉(250g)、みじん切りのタマネギ(1/4個)、卵(1個)を加え、グルグルと混ぜ合わせます。 レシピ 和風ハンバーグ

●放送:タマネギは生のまま使うことで シャキシャキの食感を楽しむ。また、肉の臭み消しにもなる。とのことです。

※グルグルと泡立てるように混ぜることで、ふわふわジューシーなタネに仕上がる


3.2を2等分にして、両手で軽くキャッチボールするように強く叩きすぎず、ほどよく空気を残して真ん丸の形に(山を作る)成形します。 

レシピ 和風ハンバーグ※冷蔵庫で冷やすとふわふわ感が減ってしまうので、タネを作ったらすぐに焼く


4.フライパンにサラダ油(大1)を熱し、3のハンバーグを中火で焼き(約1分30秒)、肉の周りが茶色くなってきたら裏返して、さらに焼き色をつけます(約1分)。 レシピ 和風ハンバーグ


5.フライパンに水(100cc)を加え入れ、フタをして蒸し焼きにします(中火・約6分)。ハンバーグが蒸し焼き出来たら、皿に取り出します。 レシピ 和風ハンバーグ


6.和風ソースのしょう油・みりん・酒・水(各大2)、砂糖(小2)を合わせてから、5の空いたフライパンに入れ、とろみがつくまで煮詰めます(中火・約1分)。 レシピ 和風ハンバーグ


7.ハンバーグの皿に、大根おろし(100g)、おろしショウガ(大1)、小口切りのワケギ(適量)、お好みで大葉、ミョウガの千切りを添えます。6の和風ソースを上からかけて、【和風おろしハンバーグ】の出来上がり レシピ 和風ハンバーグ

●放送:大根おろしをハンバーグの上にのせていました。

(私はおろしショウガを省略)


===================

◆◇◆ あとがき ◆◇◆

===================

<作ってみた感想>

ハンバーグに高さ、厚みがあるので、ボリュームがあります。

お店で食べているような、少し贅沢感を味わえました。

でも高さがあるので、生焼けが心配でした。

なので、私はレシピよりも5分くらいは長めに焼きました。

放送よりも、肉汁が少なくふわふわ感も足りなかったかもしれませんね。
でも箸を入れて、「がっかり(T_T)」「再加熱」よりは良かったと思います。

玉ねぎを炒めずに生のまま肉だねに混ぜる点も、

手間がかからなくて良かったです。

食べ始めの一口目は、カレーの風味を少し感じましたが、

豆乳の保水効果などは分かりませんでした(^_^;)

もしないようであれば、わざわざ買うまでもないかなぁ。
豆乳は牛乳で代用で・・・というのが正直な感想です。

●モーニングバード!を参考にして、自分なりに作ってみました。


広告


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

↓